2019年11月7日木曜日
土曜歌声~11/2日(23日の代替え開催)~神田陽子


 かつて 「1週間のご無沙汰でした」の名文句で始まる歌番組がありました。    そう、玉置宏さん司会の「ロッテ歌のアルバム」ですね。
 今回、1週間ぶりのブログを書くに当たって、なぜかこのフレーズが浮かびました()

 それでは112日の土曜歌声のレポートをお届けしたいと思います。
 まずは、先日お亡くなりになった宝塚の永遠のスター、八千草薫さんを偲んで、525歌集の「すみれの花咲く頃」を唄いました。    

 リクエスト1曲目は「高原列車は行く」 作曲は数々の名曲を作られた古関裕而先生ですが、作詞の丘灯至夫(おかとしお)さんの名前の由来をリクエスト者から披露して頂きました。
曰く「丘灯至夫さんは元新聞記者で、常日ごろから『新聞記者は、押しと顔』と言われていたそうで、そこからペンネームを作った。」とのこと。  確かに「おしとかお」、、逆から読めば、、(´ω`)    これには全員「ほうーっ」と感嘆の声。

 「恋に落ちて ーFall in loveー」は、珍しいリクエストでしたが、英語の部分が多いので、歌集を横にしたり縦にしたり、、忙しなかったと思います。 「金妻」と言う流行語が生まれた「金曜日の妻たちへ   パート3」の主題歌でした。

 「雨の物語」「さよならをするために」「小さな木の実」「夕陽が泣いている」「ラ・メール」「夜空のムコウ」「街の灯り」と、ここまでさまざまなジャンルの歌がバランス良くリクエストされました。

  お次の曲は、525のシャンソン「フルフル」    私はお初曲でしたが、ソプラノの素晴らしいリクエスト者と、Mr. M の巧みなリードで歌って頂きました。 「フルフル」と云うのは、スカートの衣ずれの音だそうです。

  先ほど「雨の物語」を出されたお客様から「22才の別れ」  今日は伊勢正三のご気分でしょうか?(*´`)

  「グッド・バイ・マイ・ラブ」は、女性3人が前で歌って下さいました。   アン・ルイスのヒット曲です。

 「色づく街」の次は、525歌集の「蛙」   このコミカルな歌は近頃人気曲で、シャンソンのお得意なお客様のリードで唄いました。

 「歌の翼」は、クラシックもお好きな男性のお客様から。  皆さんお上手でロングトーンも素晴らしい出来でした()

 「夢をあきらめないで」は、またまた女性陣が前で歌って下さいました。   最後の「あなたの夢をあきらめないで、、」のところ、期せずして皆さん声を落とし、とても優しく歌われて素敵でした。

 「グッドナイトベイビー」は、リクエスト者自ら歌って頂きましたが、音域も広く、テンポも取りにくい難しい歌ですね。  ザ・キングトーンズのボーカル、内田正人さんはハイトーンが美しい素晴らしい声の持ち主でしたが、残念ながら今年82歳で亡くなられたそうです。

 「黒い瞳」は195歌集のロシア民謡で、日本ではダーク・ダックスが歌っています。
525歌集には「黒い瞳の」と云う曲も入っていてこれもロシア民謡ですが、全く違う曲ですね(*^o^*)

  お次の曲は、ナット・キング・コールの「 L-O-V-E     日本語に続けて英語でもかっこよく歌いました。

  「あなただけを」「東京」「心もよう」「夢の途中」と唄い、最後のリクエストは「宇宙戦艦ヤマト」でした。 大迫力の歌声が響きわたってフィナーレに相応しい盛り上がりでした。

 途中後半の最初に、沢田知可子さんの「会いたい」を紹介曲として歌いましたが、これは作曲が財津和夫さんなのですね。  この事実意外と知られていないのではないでしょうか。

 この日もたくさん歌って、お別れ曲は近頃定番の「歩いて帰ろう」  オールスタンディングで元気にお開きでした。

 次回はもう目前に迫っています。 119日、16時半からです。  先週からの3週連続。
その後は1214日まで、1ケ月以上土曜歌声夕方の部はありませんので、明後日9日にいらして頂けると嬉しいです。

  朝晩冷え込んで参りました。 昼間との気温差に体調管理もままならないことでしょう。
どうぞくれぐれもご自愛下さい。

                                      神田陽子









 
2019年10月31日木曜日
第4土曜:10月26日の歌声報告 ~神田陽子


   前回の更新から早くもまた更新です。
   その訳は後ほど。

  それでは、1026日の土曜歌声の模様をお送りしてゆきます。
  この日は常連さんに加えて、私の高校の同級生もご友人と久しぶりに参加してくれました。
  珍しく女性が男性の倍以上の人数で、ウーマンパワーが席巻した歌声となりました٩()۶

  ピアニストの選曲で、525歌集の「村祭」で賑やかに開始です。この歌は 豊年満作を祝う秋のお祭りの歌ですが、私の出身地三重県桑名市には、日本一やかましいと言われる「石取祭」と云う8月に開催される祭があります。  鉦や太鼓を打ち鳴らしながら、見事な装飾の山車が何十台も市中を練り歩きます。
  ユネスコの無形民族文化財にも登録されていますので、一見の価値あり、と思いますが、、

  リクエストタイムに入り、最初はお久しぶりの私の同級生から、335歌集の「花は咲く」
東日本大震災の応援ソングですが、折しも台風豪雨の後、同じ自然災害の被災者に想いを寄せずにはいられません。

  続いて彼女の同伴者からは、525歌集の「愛燦燦」をリクエスト頂きました。これも未来へと歌い継がれていく名曲ですね。

 「耳をすましてごらん」も335歌集の人気曲で、皆さんすっかりおなじみです。
 お次はこれも335から「Sing   英語の歌詞のみですが、皆さん難なく歌われていました。

 「小さな木の実」「未来へ」に続いてリクエストされたのは、335のチェッカーズ 「涙のリクエスト」ʕʘʘʔ      おそらくお初曲でしたが、女性陣が前で振り付きでノリノリの熱唱でした٩( )و🎶

  ここまででもう女性パワー炸裂‼️   その熱気に男性陣は少々押され気味  と言うことも無く、お次は「風と落ち葉と旅人」を爽やかに歌い、映画音楽「ひまわり」をリクエスト者自らドラマティックに歌って頂きました🌻🌻🌻

  「ひまわり続きで、、」と言われた瞬間から予想された「ひまわり娘」を元気よく歌い、「学生街の喫茶店」をリクエスト頂いて前半終了。

  後半の紹介曲は、335歌集から「秋でもないのに」を選びました。   実際は「秋」真っ盛りなんですが、、()    先ほどリクエストされた「耳をすましてごらん」の本田路津子さんのヒット曲です。

  リクエスト再開1曲めは「里の秋」 これぞ秋の代表曲と言えるでしょう。  のどかなメロディですが、3番では戦地に赴いている父親の無事を祈る切実さが伝わります。  事実、昭和21年から始まったラジオ番組「復員だより」の曲として使われたそうです。

  「ハナミズキ」「翼」「さびしいカシの木」と335歌集から出され、お次の曲も同じく335歌集からでした。「ケンとメリー  〜愛と風のように〜    全くのお初曲で、勉強不足も甚だしく申し訳ない気持ちでいっぱいです。  勉強しておきますm(._.)m

  「空も飛べるはず」はスピッツの歌で、ドラマ「白線流し」の主題歌でした。
  「横須賀ストーリー」も百恵ちゃんさながら、女性陣がカッコ良く決めてくれました。
  「私鉄沿線」 野口五郎さんの大ヒット曲です。 ここまでほぼ335歌集からのリクエストが続いていました。

  すると次のお客様「335の、、」とおっしゃって、思わず「え?」と心の中でびっくりした私。  記憶にある限りこの方初の335リクエストでした。     出された曲は「白いギター」
低音の魅力のおじさまですが、高音のファルセットも美しくて素敵でした。 335歌集からのリクエストも嬉しかったです (*^^*)

  「サボテンの花」「あの鐘を鳴らすのはあなた」 と歌い、自由リクエストは「慕情」「サルビアの花」「マルセリーノの歌」と出して頂きました。
 近頃ラストソングにしている「歩いて帰ろう」を歌ってお開きとなりました。

  終始活気あふれる今夜の歌声でしたが、今回は8割以上335歌集からのリクエストでした。
  次回はなんと1週間後の112日 、1715分の開催です。
 4土曜日の23日は祝日に当たり、短歌会館のイベントのため一般の抽選は無かったので、代わりに第1土曜日の2日に開催することになったのです。
 そういう訳でブログ更新も急がざるを得ない状況でした ()

  気がつけば明後日がもう2日です。  朝晩は冷え込んで、日中との気温差に身体に変調をきたしがちですが、また元気に歌いにいらして下さい ()

                                                         神田陽子






 
2019年10月29日火曜日
ラウム通信Vol.76 12月1月スケジュールです






 \2020年1月のPICK UP/ 


 ★ 1月22日(水)【歌声クラシック・短歌会館

  ◆リーダー(ソプラノ):内田公仁子 

歌声クラシックに向けて、発声・歌い方などを
丁寧にご指導いたします♪
2月には熱田文化小劇場でクラシックの開催があるので
この機会に練習してみませんか!



★ 1月26日(【歌声喫茶・ホテルプラザ勝川

〈歌声玉手箱〉
 ◆リーダー(ボーカル):坂井俊雄 
 ◆リーダー(ボーカル):柳井和子 
 ◆ピアノ:松田由衣 

懐かしのあの歌この歌、
歌声玉手箱のメンバーが明るく楽しくサポートいたします♪
駅スグの会場で楽々!
どなたでもお気軽にお越しください♪(^曲^)



 \2020年2月の先取り情報/ 


★ 2月12日(水)【歌声クラシック・熱田文化小劇場】

  ◆リーダー(ソプラノ):内田公仁子 
 ◆ピアノ:ささはら なおみ 

大好評 第5弾!響きのよいコンサートホールで
日本や外国のクラシックを歌いましょう♪(^曲^)



★ 2月13日(木)【歌声ジャズ&ポップス・カルチェラタン】

  ◆リーダー&ピアノ:Chia(チア) 

ジャズヴォーカリストのChiaさんをお迎えして
大人気の英語の歌声を開催します♪(^曲^)
会場は池下にあるレンガ造りのお洒落な建物
カルチェ・ラタンさんです。



♪皆様のご参加をお待ちしております♪



 
2019年10月17日木曜日
9/28日の土曜歌声~短歌会館~神田陽子


  土曜歌声のブログ更新が遅れに遅れてしまいました。
   しかも1012日は、当初午前、午後、夕方の三部構成「短歌会館ラウムの日」と銘打っても良い様な予定でした。
 ところが、台風19号の襲来が正にこの日に当たり、やむなく中止の結論に至ったのです。
 ご存知の通り、台風被害は凄まじいもので復旧の目処も立たない現実に、改めて自然災害の恐ろしさを見せつけられた思いです。
 被災地の一日も早い復興を祈るばかりです。

  では928日の歌声サロンの模様をお伝えしてゆきます。
 この日は開始15分前までどなたもいらっしゃらなくて、内心「今日は少数精鋭かな?」と思っていましたら、結果的に最近では最も多いお客様に来て頂き感謝感激でした😆

  ファーストソングは、この季節になると歌いたくなるオフコースの「秋の気配」   タイトルとは裏腹に、歌詞には「秋」と言う言葉も無いのですが、恋人同士の別れが秋という季節を思わせるのでしょうね。

  リクエスト最初は、およそ2年ぶりの男性のお客様から「愛燦燦」  とってもステキなチャーミングボイスの持ち主でいらっしゃいます。

  2曲目は、同じくお久しぶりの女性のお客様から「まっかな秋」  続いて「もみじ」 と秋の唄が出されました。

  「サライ」「赤い花 白い花」「故郷の廃家」「庭の千草」「旅愁」「この広い野原いっぱい」と名曲が続きました。

   いつも面白いエピソード付きのお客様からは「女ひとり」  京都の名所が織り込まれた唄ですが、今回歌詞をよく見たら、1番には「結城に 塩瀬の素描の帯」、2番には「大島つむぎに つづれの帯」、3番には「塩沢がすりに 名古屋帯」とあり、着物姿の女の人がひとり京都を旅する情景が浮かびます。

  「あなたの心に」は、335歌集の人気曲。 池下からの新しいお客様から頂きました。
  お次はいつも素晴らしい声で歌われる男性から525歌集の「バイカル湖のほとり」 もちろん自ら歌って頂きました。 私にはお初曲でしたので良い勉強になります。

  TSUNAMI 」は、ソプラノボイスのお客様からで、1オクターブ上で歌われますが、この歌は本当に音域が広いので、キィ設定が難しい1曲です。

  後半の紹介曲には、アリスの「秋止符」を選びました。 切ないメロディが秋を感じさせる曲ですが、恋に「終止符」を打つのと掛け合わせたタイトルがふるっていますね。

  335歌集の「翼」は、この曲がお気に入りのお客様からリクエストされました。 世界の武満 徹さんの作詞 作曲です。

  「おお ブレネリ」「少年時代」 アンジェラ ・アキさんの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」「白いギター」「僕にまかせて下さい」と続き、お次の「あの素晴らしい愛をもう一度」では、それこそ素晴らしいハーモニーが響きました♪()       (  この頃即興コーラスが盛んで、しかもそのクオリティの高さといったら‼️  )

  「森の水車」「小さい秋見つけた」「村祭」と続いた後は、「地上の星」「嫁に来ないか」「天使の誘惑」「マイ・ウェイ」「ロシアわたしの故郷」(この曲も私にはお初) 「オーソレミオ」「エーデルワイス」を時間延長して歌いました。

    ラストソングは「歩いて帰ろう」   近頃度々歌っているので、皆さんすっかりおなじみです。
   たくさんのお客様と賑やかに楽しく歌い、次回開催日を告知したのですが、まさかその次回が台風のため中止になるとは、、、その時には夢にも思いませんでした()

  そんな訳で1回お休みとなりましたが、次回は1026 1715分からの遅番スタートとなります。
  1ケ月ぶりの土曜歌声、前回お休みの分も大いに歌って楽しんで頂きたいと願っております。

  急に涼しくなって参りましたので、どうか体調にはくれぐれもお気を付け下さい。


                                       神田陽子




 
2019年9月26日木曜日
第2土曜の歌声 ~9/14・短歌会館~ 神田陽子


  914日の土曜歌声は、まだまだ残暑厳しい夕刻に始まりました。

  この日のお客様は昔からのラウムお馴染みさんも多く、懐かしい顔ぶれが集った感じでした。

   さだまさしさんの名曲「秋桜」をファーストソングに選び歌い始めました。   
 この曲は、山口百恵さんで大ヒットしたのですが、嫁ぐ日ま近の母と娘が、小春日和の縁側で語らっているのでしょう。    娘の母を想う気持ちが表されているのですが、  1番の「苦労はしても  笑い話に時が変えるよ  心配いらない」   2番の「元気で」は 、母の言葉として歌詞に織り込まれており、その絶妙さにさだまさしワールドを感じます。

  さてリクエストタイムに入り、1曲目は195歌集から「湖畔の宿」  この歌を歌った高峰三枝子さんは、戦時中慰問先で、明日は死地に赴く若い兵隊さんを前に涙があふれて歌えなかった、と云うエピソードを聞いたことがあります 😢

  2曲目はガラリと変わって、これも195歌集から「東京行進曲」  1929(昭和4)の同名映画の主題歌ですが、昭和初期の開放的な銀座の風景が目に浮かぶ様です。 カタカナは全て英語ですから、戦争に突入する前はこんなにも自由に外来語も使えたものだと驚きです😲

 「マリモの歌」「夜のプラットホーム」「森の小径」「さよならをするために」「歩いて帰ろう」「月がとっても青いから」「熱き心に」「祇園小唄」「夢一夜」「月見草の花」「ウラルのぐみの木」「いのちの歌」と3冊の歌集から、ありとあらゆるジャンルの唄がリクエストされ、新旧のお客様相互が未知の唄との出会いを楽しめたのではないでしょうか?
 私も195525歌集の未知の曲では、Mr. Mのお助けを大いにお借りしました 😊

   後半の紹介曲には335歌集の中から、かぐや姫の「加茂の流れに」を選びました。
   京都はいつ訪れても素敵な所ですが、殊に秋の京都は趣があるのでは、と思います。
「京都」を歌った曲は数多くありますが、これも素晴らしい1曲です()

  リクエスト再開して1曲目は、195歌集の「母」  作詞は 竹久夢二。  短い詩の中に、遠くへ行って帰らない我が子を待つ母の姿が浮かびます。  それにしても日本語がいかに美しい言葉かを、改めて思い知らされた気がします。  メロディの素晴らしさは言うに及ばずですが。

 Mr. サマータイム」「空も飛べるはず」「冬が来る前に」「バスストップ」と4曲続けて335歌集からリクエストされ、お次は季節感たっぷりの「虫の声」   作詞作曲不詳とありますが、1910年に「尋常小学読本唱歌」に初出。   当初は2番の「こおろぎ」は「きりぎりす」だった様で、「きりきり きーりきり 」の鳴き声と韻を踏んでいたのでしょう。

 「もしもピアノが弾けたなら」に続きリクエストされたのは「白鳥(しらとり)の歌」   若山牧水の短歌3首に、古関裕而が曲を付けてたものです。
古関裕而さんの曲はラウム歌集にも多く入っていますが、いずれも格調高くクラシカルな雰囲気を感じさせます。
 来年のNHKの朝の連ドラ「エール」は、古関裕而 金子夫妻を扱ったものなので、名曲の数々が流れることでしょうね。
  福島市にある「古関裕而記念館」も賑わうのは必至と思われますが、ラウム創設者の池辺さんは以前ここに行かれたそうです🎶

  「いつかある日」「瑠璃色の地球」に続いて「平城山(ならやま)」はリクエスト者自ら素晴らしいお声で歌って下さいました。

  「花と小父さん」は私も大好きな歌で、つい口ずさんでしまうくらいです(´ε )
 
  次曲は、525歌集の「蛙」 コミカルなシャンソンですが、日本の「浦島太郎」のお話にちょっと似ている様な、、、と思っていたらラストは全く違いました😄

  「シーハイルの歌」「太陽がくれた季節」と歌い、ラストリクエストは「三池炭坑節」
前日が「中秋の名月」だったこともあり、「つきがーでたでーたーぁ  つきがーぁでたーぁ  ヨイヨイ♩♩」と賑やかに楽しく歌いました。

 わらべの「もしも明日が」をお別れ曲としてお開きとなりました。

  次回は928日、16時半からです。 少しは過ごし易くなっている頃でしょう。  好きな唄、知らない唄、覚えたい唄、何でも良いから歌いたい、、そんな歌うの大好き人間の集まり「歌声サロン」に是非いらして下さい。

 季節を無視したインフルエンザもチラホラ出ている様です。 どうかくれぐれもご自愛下さい。

                               神田陽子







 
2019年9月12日木曜日
8/24: 第4土曜の歌声 ~短歌会館~  神田陽子


  824日のラウム土曜歌声夜の部は、初めて地下の会場で開催しました。
3階に比べて狭いのですが、空気清浄機が設置されて喉に良い環境です。

  部屋は変われどお客様は変わらず、歌声はいつもの通り始まりました。
 335歌集から「アイスクリームの歌」を選び、ファーストソングとしました。
   秋の気配どころか、これを書いている910日でさえひどい残暑です🥵
 美味しいアイスクリームでも食べて乗り切る他ありませんね(⌒▽⌒)

  リクエスト1曲目は335から「ワインレッドの心」   安全地帯の名曲ですが、久しぶりに歌いました。

  「耳をすましてごらん」「恋は水色」「椰子の実」と続き、お次は「飛んでイスタンブール」でした。 
 この歌は庄野真代さんの曲ですが、以前観光ホテルで彼女のショー & 歌声が開かれたことがあります。
 さすがプロ、歌声も見事にリードされ楽しく歌いましたが、その時に庄野さんのおっしゃった言葉が忘れられません。「 どんな歌も、自分なりにここだけは一番気持ちを込めて歌う箇所を作る 」と云う様な内容だったと思いますが、 非常に印象的な言葉でした。

 それ以来、私もここぞと思う箇所は、できるだけ気持ちを込めて歌う様に努めています。
 何となく流して歌うよりも、歌に対する想い入れが強くなる様な気がします。
 ある程度気持ちを揃えて歌う合唱とは違い、歌声はみんなで歌っていても、一人ひとり想いの込め所は異なって良いので、正にこの言葉が生かされると思います。
 
  525歌集から「二人は若い」  サトーハチローさんの詩に、古賀政男メロディが軽妙な味付けをしている曲です。  「 あなーた 」「 なーんだい 」 の箇所は、男女掛け合いで歌っても楽しいでしょう。

 「宗谷岬」はダ・カーポ や、千葉紘子さんも歌っていますが、爽やかな心地よい唄ですね。
 
 「未来へ」に続き「にんげんっていいな」がリクエストされました。 「 まんが日本昔話 」のエンディングテーマですが、最後の「 ばい ばい ばい 」の歌詞が何とも可愛らしい唄です。

 「ラ・メール」「バケイション」「夏の日の思い出」と、夏の歌が続く中、ガラリと季節は変わり「越冬つばめ」がリクエストされました。 歌集の中に演歌はあまり多くありませんが、森昌子さんのこの歌は私も大好きです。 「 ヒュルリ〜 ヒュルリ〜ララ〜 」の箇所は、ハイトーンで難しいのですが、切なさが溢れていて素敵です。

 「色づく街」をリズミカルに歌った後、熊本県の民謡「おてもやん」が出され、ここはリクエスト者共々、熊本出身のMr. Mの出番です。 歌詞は愉快な方言ですが、間の取り方が難しいこの唄を、完璧にリードしてもらい、とても楽しく歌えました。 「 あかちゃかべっちゃか ちゃかちゃかちゃ 」は、意味のないお囃子詞らしいのですが、全編通して意味がよく解りませんね(・・?)

 「コーヒーショップで」「インシャラー」「まちぶせ」「フランチェスカの鐘」「太陽がくれた季節」「涙そうそう」「恋のしずく」「Time  goes  by 」に続きリクエストされたのは「東京音頭」   賑やかに歌いましたが、昔は盆踊りの定番で、私も子どもの頃に踊ったと思いますが、踊りはすっかり忘れています。

  195歌集から「空の神兵」とても珍しいリクエストですが、この曲はラウム創設者の池辺さんもお気に入りです。 戦時中の落下傘部隊の愛称だと云うことですが、軍歌らしくない軍歌とも言われているそうです。  リクエストされたのが、軍歌世代では無いお若い方だったのにびっくりでした。

 「聞かせてよ愛の言葉を」シャンソンの有名な1曲ですが、日本語の歌詞にはいくつかのバージョンがあるみたいです。

 今夜もたくさん歌いましたが、ラストソングは 長渕剛の「乾杯」  皆さんにお立ち頂き歌いました。
 
  次回は914 16時半から、3階の部屋で開催されます。  ブログアップが遅くなってしまい、気がつけば今週末が開催日です。
 少しは涼しくなっていることを願い、皆様のお越しをお待ちしています。
 季節の変わり目、くれぐれもお身体を大切になさって下さい。

                                               神田陽子



 
2019年9月4日水曜日
ラウム通信Vol.75 10月11月スケジュールです


【一宮中日文化センター 秋の新講座体験会の受付がスタート

  ★10月29日(火) 講師:ささはらなおみ 

『歌ごえひろば みんなで歌おう』は11月からスタートの講座です。
まずは体験会にお気軽にお越しください♪(^曲^)
お問い合わせ:0586-47-6535(一宮中日文化センター)まで

♪皆様のご参加をお待ちしております♪



 \11月のPICK UP/ 

 ★ 11月13日(水)【歌声クラシック 熱田文化小劇場
 ◆リーダー(ボーカル):内田公仁子 
 ◆ピアノ:ささはらなおみ      

大好評 第4弾!響きのよいコンサートホールで
思いっきり楽しみましょう♪(^曲^)


 ★ 11月17日(日)【歌声喫茶 ホテル メルパルク名古屋
 ◆ささはらなおみ & ノスタルジーナ 

ピアノトリオの抜群の安定感でサポートいたします♪(^曲^)

♪皆様のご参加をお待ちしております♪




 
Template Design: © 2007 Envy Inc.