2018年6月13日水曜日
6月9日の土曜歌声~神田陽子


  69日の土曜歌声は、梅雨入りしたばかりで心配された雨も降らず、お昼の部に引き続き多数のお客様に来て頂きました。

 今回も男性と女性の比率がちょうど21で、迫力ある歌声になりました。
 土曜歌声は初めてのお客様もいらして、楽しんでおられるご様子、嬉しく思いました。

  雨の季節に因んで、ファーストソングには「 やさしい雨の  祇園町、、、」で始まる 、かぐや姫の「 加茂の流れに 」を選んでみました。   儚い恋が京都の四季に彩られている情緒あふれる一曲です。

 今回のリクエストは、圧倒的に335歌集から出されたように思われます。

 トワ・エ・モアの「ある日突然」も久しぶりのリクエストでしたが、「友達から恋人へ変わる瞬間」を歌った曲です。     私的には、「そんなことあるのかしら?」と云う思いですが、、、皆さんはそんなご経験あるのでしょうか?

 ダ・カーポ の「 結婚するって本当ですか 」   別れて半年で元彼からの結婚報告、と云うのもなんだか酷な気がしますが、この歌のさわやかなメロディーはそんなことを感じさせない一曲ですね。

  荒木一郎さんの 「 空に星があるように 」も 季節の移ろいに乗せて、無くした夢を歌っていますが、微妙に変わるメロディーが素敵なアクセントになっています。  それだけに歌うのは難しいのですが、、

 本田路津子さんの 「 耳をすましてごらん 」は、335歌集の中でも人気曲ですが、いつ歌ってもとても良い気分にさせてくれる一曲です。

  季節柄もあって、「雨 」つながりの曲がたくさん出されました。
「雨」と云う言葉は歌詞の中によく出てきますが、詩(うた)になりやすいのでしょうか?
 
  朝丘雪路さん「 雨がやんだら 」、湯原昌幸さん「 雨のバラード 」、欧陽菲菲さん 「 雨の御堂筋 」等。
 森田健作さんの 「 さらば涙と言おう 」もリクエストされましたが、この歌も歌詞の中に「 雨の降る日 」「 小雨 」が出てきます。

 もとまろの「 サルビアの花 」は、女性陣が前で歌ってくれましたが、とても美しい曲で余韻を残した終わり方が洒落ています。  これも難しい歌ですが、、

 辛いことを吹き飛ばす、人生の応援歌の様な曲もいくつか出ました。  
 525歌集から 「 歌えバンバン 」、335歌集から「 アンパンマンマーチ 」    どちらも明るく元気に前向きに生きて行く歌ですね。  生きる力をもらえます。

  毎回30曲近い歌を唄うのですが、皆さん本当に楽しそうに歌われているので、一緒に歌わせて頂ける幸せをいつもありがたく思っています。

  元気だから歌えるのか、歌っているから元気でいられるのか、、 きっとどちらも正しいのでしょうね。    いつまでも皆さんと一緒に歌っていけることを願っています。
 
  次回は623日、1715分からです。  ちょうど夏至の頃で、終了時でもまだほんのり明るいと思いますので、皆さんのご参加をお待ちしています。

                                                                                                  神田陽子
 

 =



 
2018年6月4日月曜日
ラウム通信7月




 
2018年5月31日木曜日
5月26日の土曜歌声~神田陽子


 526日の土曜歌声は、国枝玲子さんとの熟女()コンビでお送りしました。

 実はこの2日前の24日にも、短歌会館初の「夜地下歌声」もこのコンビで行ったばかりでした。
 同世代の私たちとお客様の息もぴったりで、同日とも和やかに且つ賑やかに進みました。

 このところ男性優位だったのですが、この日は男女ほぼ半々でした。
 そのせいなのか、いつにも増して多岐に渡ったリクエストを大いに楽しめた次第です。

 ファーストソングには、久しぶりに中島みゆき「糸」を選びました。  たくさんのシンガーがカバーしていますが、近頃CMで聴こえる声は、いきものがかりのボーカリスト、吉岡聖恵ちゃんでした。

 いきものがかりの曲は、「ありがとう」「YEEL」が、335歌集に入っていますが、あまりリクエストされないので、また紹介したいと思います。

 さて、今回のリクエスト曲は、さわやかな季節にふさわしい歌が多かったように思われます。
 「美しい十代」「野に咲く花のように」「みかんの花咲く頃」などはその代表でしょうか?
 
 そうかと思えば、アニメソング「宇宙戦艦ヤマト」や「タッチ」では、元気いっぱい歌い上げて迫力満点でした。

 「君をのせて」「Believe」は、学校の音楽の時間にも習い、幅広い世代に歌われている歌です。
 この2曲は、なんとなく歌の雰囲気が似ているように思います。   どちらも未来への希望が感じられる歌ですね。

 ちあきなおみさんの「黄昏のビギン」も久しぶりのリクエストでしたが、おしゃれなメロディと情景の浮かんでくる詞が、いつ歌っても胸に沁みます。

 レミオロメンの「39日」も出されましたが、これもレアなリクエストでした。  リクエスト者は常連の男性で、いつも思いがけない選曲で驚かされますがナイスチョイスでした。

 楽しく歌って、ラストソングには西城秀樹さんの 「YOUNG  MAN」を選びました。
ご存知の様に、先日63歳と云う若さで亡くなった秀樹さん、この日が告別式でした。

 新御三家世代ど真ん中の私ですが、3人の中では断トツに秀樹ファンでした。  何より好きなのはその声ですが、時に甘く、時に力強く、時には泣いている様な声に魅了されたものです。

 街角の歌声サロンで、全員で歌った「YOUNG  MAN     YMCA  のパフォーマンスも、天国の秀樹さんにきっと届いていると思われるような、そんな皆さんの熱唱でした。

 次回は、もう6月に入ります。    梅雨入りしていそうな頃ですが、9日、16時半からです。
 13時半からのお昼の部と両方参加のお客様は500円割引になりますので、是非土曜日の午後は歌い倒して頂きたいと思います。

 一緒に歌えますことを願って、心よりお待ちしています。
 
                                                                         神田陽子




 =



 
2018年5月17日木曜日
5月12日の”土曜歌声”~神田陽子


 512日の土曜歌声は、この日も7割以上が男性陣で占められ、女性陣は嬉しいようなちょっぴり寂しいような、、

 でも、歌い始めれば男性も女性もありません。
 この日も様々な歌を楽しみました。
 
 翌日が「母の日」とあって、まず Kiroroの「未来へ」をファーストソングに選びました。

「お母さん」と云う言葉は、呼びかけても呼びかけられても、心が温かくなりますね。
タイトルに「母」や「お母さん」が入っていなくても、歌詞には入っている歌が実にたくさんあります。

 この日リクエストされた歌の中にも、「この歌にも、お母さんが出てくるんだ」と改めて気づいたものもありました。

 「みかんの花咲く丘」も 3番の歌詞に「母さん」と云う言葉が入っていますが、何気なく歌ってきた唱歌、童謡には特に「母さん」が多く使われている様な気がします。

「父さん」の歌も探せばあると思いますので、来月の「父の日」の頃には歌いたいとおもいます。(果たして、あるのでしょうか?  父ソング 、、)

  沢田研二「勝手にしやがれ」では、ノリノリで振りまでご披露され、盛り上げて頂きました。

 かぐや姫の「妹」も久しぶりのリクエストでしたが、嫁ぐ妹への切ない想いがあふれており、しっとりと語りかけるように歌いたい1曲でした。

 さだまさし「無縁坂」を後半の紹介曲にしましたが、これも「母」を歌った名曲です。
さださんの世界観には、「明」と「暗」もしくは「軽」と 「重」 があるように思われますが、この曲や「精霊流し」はまさに「暗」「重」代表でしょうか?

  概して日本人はマイナーな曲を好む傾向にあるそうですが、ご多聞に漏れず、どちらかと言えば私もマイナー曲の方が好きです。
 皆さんはいかがですか?

  歌声では、明るい歌、悲しい歌、可愛い歌、愉快な歌、寂しい歌、etc.、、いつもバランス良くリクエストされているように感じますが、、

 おひとり2曲ずつのリクエストの後何曲か頂き、ラストソングは定番の「また逢う日まで」を、いつものようにオールスタンディングで賑やかに歌いお開きとなりました。

 次回526日は、ピアニスト国枝玲子さんとの『ジュクジョs』でお送り致します。お時間は、16時半からです。

 陽も長くなり、終了時でさえまだ明るい季節になってきましたが、相変わらず気温変動が激しいので、体調には十分お気をつけ下さい。

                                                                                    神田陽子=



 
2018年5月11日金曜日
ラウム通信vol.61 6月のスケジュールです




 
2018年5月7日月曜日
4月28日土曜歌声 ~神田陽子~


  428日の土曜歌声は、人によっては9連休になるゴールデンウィークの初日と重なりました。

  この日のお客様はほぼ男性と云う珍しい現象の中、母の日も近いとあって、335歌集から「肩たたき」を選んで歌い始めました。
  
 西條八十の詩は、 縁側でお母さんの肩をたたいている情景が目に浮かんで来ます。   その詩に中山晋平の絶妙のメロディーが優しさを添えて、なんとも言えずほんわかとした気持ちにさせてくれますね。

 さて、男性の多い今回の歌声でしたが、リクエストも3冊の歌集から満遍なく出され、実力派の皆さんに歌って頂きながら進行していきました。

 初の男性は、1曲目はクラシックの「歌のつばさに」をリクエストされましたが、2曲目は「ダイアナ」。ノリノリのリズムで素晴らしい歌声を披露して下さいました。

 後半は、この季節にぴったりの「ハナミズキ」で始めました。
いつ歌っても素敵な曲なのですが、やはり「新緑の頃」の趣がありますね。

 ゴールデンウィーク、皆さんは何処かにお出かけされましたか?
私は、昔住んでいた神戸に行って来ました。 
今は芦屋に住んでいる友達を訪ねて行ったのですが、本場の焼肉を堪能したり、勇猛なだんじり祭を目の前で見る機会に恵まれ楽しい旅でした。

 友達の知り合いのスナックにも行き、二人ともウーロン茶でカラオケも。せっかく関西に来たのだからと、上田正樹「悲しい色やね」を歌ってきましたが、この曲は先日の土曜歌声でもリクエストされていましたね。

 関西弁の歌はやはり関西では圧倒的な人気があるそうで、同世代のママさんがとても喜んでくれました。

 少し脱線してしまいましたが、お開きソングには尾崎紀世彦「また逢う日まで」を選択して賑やに終わりました。

 さて、52日に、熱田文化小劇場で開かれた「歌声クラシック」パート2の話題も少し。
クラシックに特化した「歌集 70」を使っての歌声ですが、和洋を問わずクラシックの名曲の素晴らしさを改めて感じた次第です。

 確かに歌うのは難しい曲もありますが、ソプラノのソングリーダーの巧みなリードと、博識なピアニストのお陰で少しずつ覚えていける気がします。
 今後、パート3、パート4と続いていくことを切に願わずにいられません。

 土曜歌声、次回は512日、16時半からです。 「母の日」前日に当たりますので、お母さんソングをたくさん歌ってみるのも良いですね。

  麻疹(はしか)がチラホラ出ていると聞いてびっくりしましたが、名古屋は特に発症率が高いとか!  うがい手洗い励行で、くれぐれもお気を付けください。

 では、次回元気にお会い致しましょう。

                                                                                  神田陽子






 
2018年4月23日月曜日
4/14日・土曜歌声の報告~神田陽子

 414日の土曜歌声は、 あいにく雨模様の天候の中、15名のお客様をお迎えして開催しました。

  土曜歌声は、この日から3年目に突入しました。  なんとかここまでやって来れましたのも、温かいお客様方のお陰だと感謝しております。

  ファーストソングに選んだのは、335歌集でも人気曲の、一青窈「ハナミズキ」  ラブソングの様に聞こえますが、 平和への願いを込めて作られた曲でもあるそうです。
 折しもアメリカがシリアへの攻撃を開始して、世界情勢が不穏な時。  世界平和を願わずにはいられません。

  クラシックに特化した70歌集からのリクエストも出されましたが、歌うのにはなかなか難しい曲でも、美しいメロディを聴いているだけでも心地良さを感じられます。

  今回も3冊の歌集から沢山のリクエストが出されました。   全部合わせて1000曲を超える中から選ぶのですから、選曲に迷われる方もいらっしゃいますが、その日歌えないとしても「次回はこの歌を」と、またの来訪で歌って頂けたらと思います。

  今回初めてのお客様の内、お一人はネット検索でいらしたそうで、インターネットの普及に伴い、今後この様なお客様が増えることを切に願っています。

  もう一人のお初客は私の新しい友人で、彼女からのリクエストは、これも3年目にしてお初曲、堀江淳「メモリーグラス」  「水割りをくださーい」で始まる大ヒット曲ですが、うろ覚えで歌ってしまい申し訳なかったと反省です。

 因みに堀江さん、「水割り」はそれほどお好きではないらしく、飲みに行くと必ず「水割り」が出てくるのには閉口していると、以前替え歌で歌っていたのを思い出します。
  
  このように歌っていない曲もまだまだたくさんあるので、今後順次紹介してゆくつもりです。

  若いお客様からリクエストされた「蘇州夜曲」 作詞 西條八十、作曲 服部良一の異国情緒たっぷりの名曲ですが、1940年の映画「支那の夜」の劇中歌として発表されたそうです。 
  
  同年、渡辺はま子、霧島昇歌唱でレコード発売になったのですが、その後多くの歌手によってカバーされ、21世紀の今なお、若い世代にも歌い継がれているのは嬉しい限りです。

  皆さんから2曲ずつリクエスト頂き、少し延長してラストソングに選んだのは、ビリー・バンバン「さよならをするために」  しっとりと歌いお開きとなりました。

 次回は、428日、16時半からです。  ゴールデンウィークの初日に当たりますが、たくさんのご参加を心よりお待ちしています。

  3年目に入り、気持ちも新たにまた皆さんと楽しく歌ってゆきたいと思っています。

                                                                                                    神田陽子




 
Template Design: © 2007 Envy Inc.