2017年5月28日日曜日
5月27日の土曜歌声~神田陽子

 527日、前日の大雨とはうって変わった爽やかなお天気のもと、土曜歌声は始まりました。

 先回お話していた「未来へ伝えたい名曲100選」が、ラウム通信号外として出来上がり、皆さんにお配りしました。

 335からは30曲余り入っており、その中から梅沢富美男さんの「夢芝居」を最初の曲として歌いました。

 これは小椋佳さんの作詞作曲になるもので、梅沢富美男最大にして唯一(?)のヒット曲です。
 普通のおじさんの梅沢さんが、本当美しい女形に変身しての踊りも見事ですね。

 リクエストを頂きながら、いつも通りの進行でしたが、今回は525からも多く出て、なかなか苦戦(お客様に助けて頂きながら歌っていきました。

 初めてのお客様は「我は海の子」を リクエストされましたが、これは文部省唱歌に選定されている割には、作者不詳と云う曲で、いったいどういう経緯で作られ、選定されたのか不思議です。

 5番まであるのですが、歌詞は少々難解な言葉もあるものの、「海の子」の元気溌剌とした曲調になっていて歌い易いです。

 毎週日曜日お昼に放送されているNHK「のど自慢」ですが、ラジオ放送が1946年、テレビ放送は1953年に開始され現在まで続いている超長寿番組です。

 これを観ていると、歌が人の人生にいかに大きく関わっているかがよく解ります。 人生の喜怒哀楽が、数々の歌と共に披露されるので思わずもらい泣きしてしまうことも、、

 今、本日放送の「のど自慢」を観ていますが、13歳の中学1年生の男児が、三田明さんの「美しい十代」を歌ったのには驚き!  司会者の質問に「おじいちゃんに教わった」とのこと。
 祖父と孫を結ぶ1曲が、335にも入っている「美しい十代」だったので嬉しくなりました。

 その後も若い出場者が続きましたが、川口恭吾さんの「桜」を歌って見事合格した医学部の学生さんは、闘病中の祖父と母の応援のため、その次の若い女の子は、高知開催と云うこともありペギー葉山さんの「南国土佐をあとにして」を、おじいさんの誕生日を祝して歌っていました。

 日曜日のお昼、お家にいらしたら是非「のど自慢」をご覧になることをお勧めします。
 何だかほっこりした気持ちになれ、自分もまた歌いたくなること請け合いです。

 「のど自慢」の話題が長くなりましたが、要するに歌を唄うことの素晴らしさを改めてお伝えしたかったのです。

 歌声のラストソングには、人気曲、岩崎宏美さんの「聖母たちのララバイ」を選び、今週は終わりました。

 次回は、61016時半からの開催です。

 「のど自慢」をご覧になった方も、ならなかった方も多数のご参加をお待ちしています。




 
2017年5月19日金曜日
5月13日の土曜歌声~14日は母の日でした~神田陽子

 513日の土曜歌声は、3週間ぶりの開催となりました。

 翌日が「母の日」と云うことでオープニング曲には「母の日」の言葉の入っている、一青窈「ハナミズキ」を選びました。
 アメリカに送った桜の花の返礼としてやってきたハナミズキですが、今や新緑の5月に最も映える花ではないでしょうか?

 今回も初めてのお客様が数名いらしたのですが、そちらの方々からリクエストが始まりました。
 ただひたすら歌を唄う「歌声」ですが、自分のリクエストのみならず、他の人のリクエストも一緒に歌えることが一番の魅力では、と思います。

 先日TBS(この地方ではCBC)で放送された「未来の日本に伝えたい名曲100選」をご覧になった方もいらっしゃると思います。  それをまとめてみたら、ラウム歌集4冊になんと93曲も入っていました。
 スタンダード歌集525はもとより、新歌集335にもかなり入っているので、今後のリクエストがより楽しみになってきました。

 後半の335からの紹介曲は、同じく母の日に因んだ、オフコース「ロンド」を初めて歌いました。
 まだフォークデュオだった時代のオフコースの曲ですが、小田和正さんではなく、相方の鈴木康博さんの作詞作曲による数少ない歌です。
 「母」を歌った曲はたくさんありますが、これも母を想う切ない気持ちが溢れる素敵な曲です。

 この日も多くの歌を歌いましたが、最後のリクエスト、森田公一とトップギャラン「青春時代」は、皆さんひとしお大きなお声で歌っていらっしゃいました。
 「青春時代」とは何歳頃と規定できるものではなく、以前加山雄三さんが、「何歳でもその歳の青春がある」と語っていらっしゃいましたが、全くその通りだと思います。

 いつまでも青春を謳歌するためにも、歌を唄うことは大きな力になるような気がしますが、、、

 次回は527日、515分始まりです。
 ふるってご参加頂けると嬉しいです。

                 神田陽子




 
2017年5月16日火曜日
ラウム通信 号外です!


“もしも未来の日本に名曲を伝えるとしたら、どの歌を選びますか?”

去る5月1日(月)19時~22時54分までの4時間、TBS系列で「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」という番組が放送されました。
ご覧になられた方も沢山いらっしゃると思いますが、
この番組内で紹介された「未来の日本に伝えたい名曲100選」のうち、
なんと93曲が『ラウム歌集』に掲載されている曲でした。
名曲はいつまでたっても色あせず、私たちの中に生き続け、
さらには世代を超えて未来へも繋げていきたいと強く感じました。

ここに号外としてご紹介しますので、
ぜひご覧ください。
そして、実際に歌える歌声も多数開催中です!
お気軽に、お楽しみに、どうぞいらしてください(^^)♪




『ラウム歌集335』を使っての歌声 6月・7月8月スケジュール




 
2017年5月6日土曜日
短歌会館6月スケジュール




 
2017年4月25日火曜日
土曜歌声報告(4月22日)~神田陽子

 422日の土曜歌声は、珍しく男性のお客様が1人と云う、さながら女子会の様な華やかさでした。

 桜もすっかり葉桜になり、この花の出番も待ち遠しく思われ、一青窈「ハナミズキ」をオープンニング曲に選びました。

 今回から、いつもの335525歌集に加え、195歌集も使用することになり、より多くの曲の中から歌うことができるようになりました。

 3冊の歌集の中では、一番新しい335からのリクエストがやはり多いのですが、1000余曲の中から選べるのはありがたいことだと思います。

 今回初めてのお客様が2名いらして、内一人は私の高校の後輩かつ妹分の様な人で、30年ぶりの再会、嬉しいサプライズでした。

 もうお一人は、今や準レギュラーの方のお友達でしたが、お楽しみ頂けたら幸いです。

 後半は、先日亡くなられたぺギー葉山さんを偲んで、「南国土佐を後にして」と 「ラ・ノビア」で始めました。  伸びやかで、哀愁を感じさせるあの歌声、惜しまれますね。

 偉大な歌手の方が亡くなると本当に残念な思いでいっぱいになります。
でも、素晴らしい歌は永遠に歌い継がれてゆくので、その歌い手もいつまでも人の心に残ることでしょう。

 今回はお一人3曲のリクエストを頂き、最後の紹介曲は、さだまさし「道化師のソネット」
 人生を行く自分達を舟人や山びとにたとえ、「笑ってよ~」と語りかけるこの歌には、笑顔が哀しみを救うのなら、自分はピエロになれる、と云う優しさであふれています。

 サーカスのピエロは涙を流しながら、おどけて笑いを誘います。 本当は自分も哀しみでいっぱいなのでしょうね。

 来月からは、今まで5時半始まりだった遅番が515分始まりになります。  15分早く始まりますが、エクストラタイムもあるので、少々遅れていらしても大丈夫です。
 早番は、16時半の始まりで変わりません。

 次回は513日、1715分始まりです。

 ゴールデンウィークもあるので少し間が空きますが、また一緒に楽しく歌えることを願ってお待ちしています。


                神田陽子



 
2017年4月11日火曜日
4月8日の「土曜歌声報告」~神田陽子

 48日の土曜歌声は、2年目の幕開けでした。

 お客様方と巡り合え、また今後も末長く続くご縁に、感謝と希望をこめて、中島みゆき「糸」で歌い始めました。

 この日は、335歌集からのお初曲がいくつか出され、映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつも何度でも」は、リクエスト者ご本人が完璧に歌って下さり、おおいに助けて頂きました。

 525からも「春の唄」「あわて床屋」が出され、日本の美しい唄の心に触れた想いでした。

 2部での335紹介曲は、中島みゆき「悪女」 軽快な歌ですが、歌詞の「受話器」に時代を感じますね。

 お初曲の中森明菜「難破船」は、リクエスト者と一緒に歌いましたが、難しくて暗礁に乗り上げた感が、、、() 勉強しないといけません。

 ステージ101で歌われていた「涙をこえて」 元々大勢で歌う曲なので、なかなかの迫力でした。
 これもお初曲だったと思います。

 お別れに選んだのは、尾崎紀世彦「また逢う日まで」   2週間後にお逢いできることを祈りながら歌いました。

 エクストラタイムは、「忘れな草」と云う曲をお持ちになったお客様が、本当に美しいお声で歌われました。

 楽譜持参のエクストラタイムに関しては、なかなかご自身で楽譜を用意できない方もあると
思い、リクエストを頂いてこちらで用意できる物はご用意することになりました。

 全曲は難しいとは思いますが、これからも毎回アンケート用紙を配りますので、どんどんリクエストして下さい。

 桜の盛りも過ぎ寂しい気もしますが、次回は422日、16時半からの開催です。
 新緑の気配も感じられる頃でしょうか。

 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 2年目も土曜歌声をどうぞよろしくお願いいたします。


                   神田陽子



 
2017年4月1日土曜日
ラウム通信46(4/20~5/29)




 
Template Design: © 2007 Envy Inc.