2021年11月25日木曜日
土曜夜の歌声サロンラウム~報告~ 神田陽子

 11月13日の土曜歌声は、コロナ感染者が激減し、人々の心も少し安らいだ感のある、そんな夕暮れに開催されました。

 しかし油断大敵! 感染対策は変わらず遵守して、ドアも窓もオープンのまま、マスク装着での歌唱はこれまで通りです。

 この日はピアニストの復帰を祝して、ラウム創設者の池辺氏と、ラウムの歌集通信等を一手に担っている麗しのN嬢も参加。 いつにも増して和気あいあいの雰囲気で始まりました。

 深まる秋の季節にぴったりの「思秋期」を紹介曲として歌いました。 歌詞の中にある「18」「19」とはもちろん年齢のことですが、三十代で歌った時には何となく面映い言葉も、この歳になると逆に照れも消え去り、只々あの頃を懐かしく想うばかりです。

 リクエスト1曲目は、335歌集から「思い出まくら」 1975年に大ヒットした小坂恭子さんの代表曲です。
 
 お次はラウム草創期からのお客様より、195歌集の「月見草の花」 昭和24年に発表された童謡ですが、情景が浮かんでくる美しいメロディの曲です。 どこか「みかんの花咲く丘」にも似ている気がします。

 335から「冬が来る前に」「糸」「青春の影」を続けて歌い、お次は100年ほど遡り、「カチューシャの唄」 松井須磨子さんの歌唱で人気を博し、途中に入る「ララ」が、可愛らしくお洒落な曲となっています。

 「色づく街」「恋のしずく」と恋心の歌2曲に続き、お次は「インシャラー」 リクエスト者が見事な声量で歌われ拍手喝采でした。 「インシャラー」は、「アラーの神のご意志であれば」と云う意味ですが、中近東では会話の最後に良く使われる言葉で、「インシャラー」と言えば、何でも許される都合の良い言葉でもあるそうです。

 「小さな世界」を楽しく歌ってディズニー気分になったところで、ロシア民謡「ステンカラージン」のリクエスト。 この歌は17世紀ロシアの農民蜂起を指導した、ステンカ(ステパン)•ラージンを歌ったものです。

 しばしの休憩の後、525歌集から私のお気に入り「心の窓に灯火を」でリスタート。 余韻を残す最後のフレーズが何とも素敵な曲です。

 リクエストは「雨の物語」 伊勢正三 作詞•作曲、歌 イルカ の「なごり雪」コンビによる隠れた名曲と言えましょう。

 525から「白鳥(しらとり)の歌」 若山牧水 作詞、古関裕而 作曲の、格調高い1曲です。

 同じく525の「ラストダンスは私と」 ピアノのアレンジも素敵な軽快なこの歌は、現在公開中の映画「老後の資金がありません!」の中で、88歳の草笛光子さんが素敵に歌っている、とはリクエスト者からの情報でした。

 「あなたの心に」「僕にまかせてください」「空も飛べるはず」と、335歌集の曲が続き、お次は525の「フルーツサラダのうた」 元はフランスの曲ですが、NHK「みんなのうた」で日本語で歌われました。 「ジョリ ジョリ ジョリ」のところだけ、フランス語のままなのですが、日本語の響きと「美しい(Jolie)」と云う意味とがイマイチ結び付かないのも面白いですね。

 「一杯のコーヒーから」 「コーヒー」と伸ばさず、「コーヒ」と歌うところが、何とも言えず洒落たムードを出しています。

 「千の風になって」 お兄様を亡くされたリクエスト者が、私の父のことも悼んで下さり、心を込めて歌われました。 亡き人の思い出を折に触れて語ることは何よりの供養になると言いますが、思い出しながら歌うことはより一層切なさが募るものです。

 「PRIDE」「灯台守」「坊がつる讃歌」「昴」と歌い、最後は「また逢う日まで」で賑やかにお開きとなりました。
 今回は、池辺さんが要所要所で軽妙洒脱なトークを織り混ぜて下さり、麗しのN嬢の紹介等もあったりして、多いに盛り上がった歌声となりました。

 次回は、11月27日。 今年が早足で過ぎようとしていますが、その前にクリスマスがやって来ますクリスマスツリー 昨年はコロナ禍のため12月の歌声はお休みせざるを得ませんでした。
 例年12月はピアニストにクリスマスの曲を弾いてもらっています。 「この曲が聴きたい!」とのお望みがあれば、是非ご一報ください。 ご希望に添えるよう、頑張ってもらいますピアノ

 コロナは鳴りを潜めていますが、まだまだ油断はできません。 急に寒くなって来ましたので、皆さまお風邪等召しませんようくれぐれもお気をつけ下さい。

神田陽子



 
2021年11月22日月曜日
ラウム通信vol.92 12月〜1月のスケジュールです


 



 
2021年11月17日水曜日
2022年2月2日(水)熱田文化小劇場【歌声クラシック♪】のお知らせ

 


チケットをご希望の方はスタッフまでご連絡ください。
みなさまのご参加、お待ちしております(^曲^)♪



 
2021年10月25日月曜日
土曜夜の歌声サロンラウム~報告~ 神田陽子

10月9日の土曜歌声は娘ピアニストの復帰日と云うことで、本人の挨拶の後、皆さまの温かい拍手で始まりました。
 
 紹介曲は、525歌集から「もみじ」 輪唱で歌うと美しい秋の定番曲です紅葉紅葉紅葉

 リクエスト1曲目は、これも秋ならではの「まっかな秋」 唱歌を歌える機会に恵まれるのも歌声サロンならではですね♪( ´▽`)

 ここから195歌集のリクエストが続きます。  「湖畔の宿」「夜空の星」「古城」と、昭和歌謡シリーズでした。 195歌集は曲数は一番少ないのですが、ユニークな曲揃えが人気の秘密です。

 お次は「よろしく哀愁」 郷ひろみさんの大ヒット曲です。ピアノのアレンジがお好きなリクエスト者の意を汲んで、ピアニストもノリノリで弾きますが、かなりのハイテンポに歌うのが必死なのは私だけでしょうか?(^_^;)

 ガラッと雰囲気を変えて「故郷の廃家」 美しいメロディーが郷愁を誘います。
 
 「月がとっても青いから」 歌われたのは通称「エレジーの女王」菅原都々子さんですが、私は昔森昌子さんのものまねで聴いたのが、この曲を知ったきっかけでした。 審査員から大絶賛を浴びていたので、相当似ているんだろうと思っていましたが、後にYouTubeでご本人の歌声を聴いて「そっくりだ!」と感嘆したものです。

 「踊り明かそう」は、リクエスト者自ら歌い上げて下さいましたが、英語の部分もバッチリでした( ◠‿◠ )

 本日最初の335歌集からのリクエスト「負けないで」を歌って小休止。

 9月30日に90歳で亡くなられた、すぎやまこういち先生を偲んで「恋のフーガ」でリスタート。 近年は「ドラゴンクエスト」等のゲーム音楽でもその才能を遺憾なく発揮され、若い人にも認知度の高い作曲家でした。
 
 リクエストは「まちぶせ」 荒井由実時代のユーミンが、三木聖子さんに楽曲提供したのが最初ですが、のちに石川ひとみさんんで大ヒットし、ユーミン自身もセルフカバーしている曲です。

 お次は、ピアノのイントロが人気の「桜貝の唄」 ドラマティックかつセンティメンタルなフレーズの美しい曲ですが、歌うのは難しい1曲でもあります。  

 「初恋の人に似ている」は、トワ・エ・モアの懐かしい曲ですが、北山修 加藤和彦のゴールデンコンビによる明るいフォークソングです。

 「踊り子」は、川端康成の「伊豆の踊り子」をモチーフに作られた曲で、ラウムの古くからのお客様の十八番。自ら前で歌って下さいました。

 「やさしさに包まれたなら」は、ユーミンの代表曲のひとつですが、十代、二十代の選ぶ昭和の曲のベストスリーに入っています。 「魔女の宅急便」で用いられたことが、幅広い世代に浸透するきっかけとなったみたいですが、もはや日本のスタンダードですね。

 「誰か故郷のを想わざる」西条八十の詩に古賀政男が曲を付けた物ですが、メロディラインは揺らしながら歌うので、味わい深いものとなっています。

「北の旅人」石原裕次郎の晩年の1曲で、累計売り上げは125万枚だそうです。

映画音楽の「ひまわり」 リクエスト者とピアニストの素晴らしい競演で、この美しく悲しい曲を披露してもらいましたひまわりひまわりひまわり

「花と小父さん」 私も大好きなこの曲でしばし休憩。
 
 「元気を出して」 何回かリクエストして頂きましたが、いつもまともに歌えた試しが無く、申し訳無い想いから練習して何とか歌えるようになりましたので紹介。
 
 「Believe」「北帰行」「大阪ラプソディ」「丘を越えて」「青春時代」「雨のバラード」と、ジャンルも曲想も多岐にわたる6曲を歌いました。 いろんな曲を歌えることで、気分も変わり楽しめるのは歌声の醍醐味と言えるでしょう。
  
 お次は「恋人よ」 リクエストが出された途端、皆さまから「おーっ!」と。この曲は五輪真弓の名曲ですが、何しろ難しい!(⌒-⌒; )    個人で歌うのも簡単では無いのに、皆で合わせて歌うのは至難の業。 けれどいつも申しておりますが、歌声は合唱では無いので、きちんと合わせる必要も無く、ひとりひとり自由にお歌い下されば良いのです。 そのコンセプト通り、個々人の感性で歌われた1曲になりました。  今回少し調べてみたら、この曲は五輪真弓さんのデビュー当時のプロデューサーの急死を悼んで作られたものだそうです。 静かな出だしからのサビの盛り上がりで、緩急に富んだ曲です。

 「これは、皆さんで合わせ易いですよ。」とリクエストされたのは、ロシア民謡の「山のロザリア」 そのお言葉に違わず見事なユニゾンでした。

 ラストリクエストは「待つわ」 ここぞとばかりにラウムのハモリ女王の本領発揮で、素敵な1曲に仕上がりました。 次回も「待つわ」との想いもお伝えできたのでここでお開きとしました。 

 前回のブログで父の訃報を載せましたところ、皆さんから温かい慰めのお言葉を頂戴しました。 また数人の方からは「実は私も、、」と、同じように親御さんを亡くされたお話もあり、親を送るのは子の務めとは言え、悲しく寂しい想いを共有させて頂きました。
 故人のお話をすることが何よりの供養になると申します。 そうやって故人を思い出すことで、確かにその人が存在していた証にもなると思います。

 さて、次回は10月23日。もう明日(今日?)に迫っています。 急に寒くなり、気温の激変に体調も崩しがちですが、コロナ感染者の減少は明るいニュースですね。 
 しかし油断大敵。感染対策はまだまだ続きますので、窓オープンのまま歌います。 防寒も万全でお越し頂きたいと思います。
  

神田陽子



 
2021年10月20日水曜日
10/24 シティホテル美濃加茂〈うたごえ喫茶〉

 




 
2021年10月6日水曜日
ラウム通信vol.91 11月〜12月のスケジュールです

 




 
2021年10月4日月曜日
土曜夜の歌声サロンラウム~報告~ 神田陽子

 ずいぶん久しぶりのブログ更新になります。

 すったもんだの末に開催された東京オリンピックパラリンピックが終わって早2ヶ月近く過ぎ、コロナ禍でこもっていた内に気付けば暦は10月です。


 925日におよそ2ヶ月ぶりに土曜歌声を開催しました。 感染対策は万全を期す事はもちろんですが、感染者の減少傾向とワクチンの接種状況を鑑みての開催に、常連の皆さまが集まって下さいました。


 秋の歌をと195歌集の「虫の声」で始めました。 様々な虫の声がそれぞれピッタリな擬音で歌われるこの曲、歌っている内に童心に戻る気がします。


 リクエスト1曲目は、同じく195から「喝采」 ちあきなおみさんの不世出の名曲です。

「里の秋」「時代」と525歌集から頂き、 お次は335歌集から「夢をあきらめないで」 

今の状況を打ち破る応援歌のようです。 「希望」をリクエスト者自ら歌って下さり、これも本当に心に響く曲です。


 「アメリカンフィーリング」「恋心」と続き、335から「22才の別れ」がリクエストされました。 これを歌っていたのは男性デュオの「風」です。つい先日メンバーの大久保一久さんが逝去され、残された伊勢正三さんのお気持ちはいかばかりかと察せられます。


 休憩の後、これも秋の定番曲「ちいさい秋みつけた」でリスタート。 サトウハチローの詩と中田喜直のメロディが素晴らしくマッチングした一曲です。


 リクエストは、テレサテンの「別れの予感」 優しい曲調で「つぐない」「時の流れに身をまかせ」をしのぐ人気曲となりつつあります。 


 お次は「旅人よ」 先ごろ脳疾患で療養されるも見事に復活された加山雄三さんの代表曲のひとつです。

  

 「初恋」は、村下孝蔵さんの名曲ですが、リクエスト者に「初恋はいつですか?」と尋ねたところ「中学時代です。両思いになりました。」と正直に話され、皆さんにっこりでした

( )( )( )


 お次は「酒と泪と男と女」 河島英五さんが渋い声で弾き語りされた名曲です。 

ここでふと気付きました。 大久保一久さんの訃報もありましたが、テレサテン、村下孝蔵、そして河島英五。 期せずして夭折の歌手の歌が続いていることに。「歌い手は亡くなっても、その歌はずっと歌い継がれていく」 それは歌手冥利に尽きるのではないでしょうか?


 「マイウェイ」「別れの朝」と、外国ルーツの曲が続いたお次の曲は「東京の人」 いつもはロシア民謡、シャンソン、タンゴのイメージのリクエスト者自ら、このムード歌謡を歌って下さいました。

 

 アニメソング「鉄腕アトム」を元気よく、「夢一夜」をしっとりと、気持ちをコロコロ切り替えて歌うのもなかなか楽しいものです。


 お次は久しぶりのシャンソン曲「サントワマミー」 誰もが知っているこの曲ですが、私を含め意味を知っている人は少ないのでは?  そう思いフランス語に精通されているお客様にお聞きしたところ、即座に「あなたがいなければ」と云う意味だと、教えて下さいました。


 「手紙~拝啓十五の君へ~」「Time goes by 」は335歌集の比較的新しい曲で、けっこう歌うのが難しい2曲です。 

  

 「愛の讃歌」は、リクエスト者とピアニストがドラマティックに盛り上げてくれました。

 

 「秋桜」はさだまさしが作り、山口百恵が歌った、嫁ぐ娘とその母の切ない曲。 秋の桜と書いて「コスモス」と読ませたのは、さだまさしのこの歌からだそうです。


 「赤胴鈴之助の歌」 私はアニメでかろうじて知っていましたが、初期はラジオドラマだったそうです。吉永小百合さんも出演していた、とはリクエスト者からの情報です。


 「シクラメンのかほり」でお開きとしました。久しぶりの土曜歌声でしたが、次回からは娘がピアニストに復帰するため、今日までお手伝い頂いた国枝さんに拍手で感謝をお伝えしました。


 私ごとですが、この夏父を亡くしました。 突然のことに未だ信じられない気持ちです。

母に先立たれ父は80歳から独り暮らしでした。 多趣味で磯釣り、ゴルフなどのアウトドアスポーツも好きでしたが、歳を取ってからはもっぱら音楽一辺倒でした。若い頃からギター、スチールギターを弾いていましたが、晩年はアコーディオン一筋で、孫娘のピアノと合奏するのを楽しみにしており、2人でコンサートを開いたこともあります。 故亀谷先生とも、自宅で競演させて頂きました。

 最期まで自立していた父ですが、それを支えていたのは音楽だったと思います。 「音楽と会話ができる」などとカッコ良いことも言っていましたが、長生きをした分、沢山いた友人知人が次々と亡くなってゆくのは寂しい限りだったでしょう。 けれど90歳を過ぎてから音楽を通じて新しい友達ができ、亡くなる2ヶ月前までその方のギターと演奏活動をしていたのにはびっくりでした。 倒れる直前まで朝食の用意をしていたらしく、テーブルの上にはご飯、焼き魚、お味噌汁がきちんと作ってあり、最期まで誰にも頼らず94歳の美学を貫いた様に思えます。

 「人生100年」と言われて嫌でも長生きできる時代ですが、やはり心身の健康あっての長生きです。 この歌声サロンで出会い、共に歌えることが長生きの秘訣の一つになれば、との思いから、父のことに絡めて書かせて頂きました。


 次回は109日、1715分からです。 娘ピアニストが復帰しますので、是非ご参加頂けたら幸いです。


 コロナ対策は進んでおりますが、「with コロナ」での生活。 あくまでも油断せず、皆さまご自愛ください。

        

                       神田陽子



 
Template Design: © 2007 Envy Inc.