2018年10月17日水曜日
10月13日の土曜歌声~神田陽子


 10月最初の土曜歌声は、前回より3週間ぶりの開催になりました。
 
 汗ばむ陽気だった前回に比べて、朝夕はすっかり秋の様相も深まって参りました。

 この日は少人数での歌声でしたが、少人数ならではのアットホームな雰囲気の中、時々おしゃべりも交えて進行してゆきました。

 「 もみじ 」で歌い始めましたが、秋の歌の定番であるこの歌に私はちょっぴり苦い思い出があります。
  小学校3年生の時に、友だちと二人で当時CBCで始まったばかりの、視聴者参加番組 「どんぐり音楽会 」に出たことがあるのですが、実は最初に応募した時には予選落ちしてしまったのです。  その時二人で歌ったのが「 もみじ 」でした。   その後、リベンジとばかりに再度挑戦して、今度は友だちがピアノを弾き私が歌うと云う、まるで歌声原風景スタイルでみごと予選突破 !その時歌った歌は「 夢のお馬車 」と云う曲ですが、今回調べてみたら、作詞  斉藤信夫、作曲 海沼 実 の「里の秋 」コンビでした。      学校の学習発表会で歌ったものだと記憶していますが、「 もみじ 」からだいぶ脱線してしまいました(-; )

さて、この日はいつものごとく335歌集からのリクエストが多かったのですが、目立ったのはグループサウンズ曲の多さ。
 順不同ですが、「亜麻色の髪の乙女」「エメラルドの伝説」「バラ色の雲」「夕陽が泣いている」525歌集から「若者たち」などなど、、   こんなにGS曲が集中したことはかつて無かったほどです。

 珍しく英語の歌も出されました。 Nat King Cole の 「 L-O-V-E 」 日本語の歌詞もあるので、両方歌いましたが、この曲を大好きなピアニストもノリノリで弾いたので、お客様たちも喜んで下さいました。 

 先日初の歌声JAZZが開催され、前回のブログでもその様子を紹介しましたが、歌集100を見たお客様たちから購入希望も相次ぎ、「英語の歌も歌いたい」と言って頂けたので今後の検討課題としてゆきたいと思います。

 太田裕美さんのファンとおっしゃるお客様がいらしたので、後半の紹介曲に「 赤いハイヒール 」を選びました。  歌詞の中に「アラン・ドロン」が出てくるのですが、当時はイケメンの代表選手の彼も、今の世代の人たちには知名度も低そうです。 因みにアラン・ドロン、現在82歳 。昨年引退を発表しました。

  明日香さんの「花ぬすびと」   今までに12回しかリクエストされて無いとおもいますが、久しぶりに歌いました。  非常に観念的、と言うか不思議な雰囲気の曲です。 明日香さんは ヤマハのポプコン、世界歌謡祭に出場し、この曲は30万枚のヒットを記録したのですが、49歳の若さで亡くなっています。 愛知県出身で、娘の大学の先輩でもあります。

 お一人ずつにたくさんのリクエストを頂き、ラストソングは「 黄昏のビギン 」       私は、ちあきなおみさんで知りましたが、元々は第1回レコード大賞受賞者の水原弘さんの、2枚目のシングルB面で、当時はほとんど反響も無かったと言うのですから、後の大ヒットを誰が想像し得たでしょうか?     永 六輔、中村八大の名コンビによる、本当にお洒落で素敵な曲です。

 次回は、1027 16時半からです。 土曜歌声夜の部は11月から池下のラウム日響に移りますので、短歌会館では最終日となります。

  寒暖差の大きいこの季節。 風邪など引かれません様お気をつけて、また歌いにいらして下さい。
   
                                                                                                   神田陽子



 
2018年9月28日金曜日
9月22日の土曜歌声~神田陽子


 922日の土曜歌声は、少し蒸し暑い夕暮れから始まりました。

 この日も常連のお客様中心に、335歌集からのリクエストが主流でしたが、季節柄「秋」の唱歌等も出され、多種多様ないつもの歌声でした。

 常連の男性からのリクエスト、「どんなときも。」シンガーソングライターの槇原敬之さんの大ヒット曲ですが、サビの「どんなときも 〜 どんなときも〜 」の部分はよく知っていても、他の箇所は言葉ののせ方が難しくてなかなかの難曲です(-; )

 スマップの歌った「 世界に一つだけの花 」も槇原さんの曲ですが、やはり独特の歌い回しですね。

 この日後半には嬉しい出来事がありました。
 短歌会館で他の活動をされている女性が、上から聞こえてくる歌声を耳にされ訪問して下さったのです。

 年齢をお聞きしたところ私とほぼ同じ歳で、「聞こえてくる歌が好きなのばかりで、気になって、、」と。
  3冊の歌集をお貸しして後半から参加されましたが、リクエストをお願いした時には、「あまりにも多過ぎて決められない」とおっしゃりながらも、選曲されて楽しんで頂けたようです。

 335歌集を作った時に、「次世代への歌声継承」と云う目的を掲げたのですが、この様な新規のお客様が、今後増えていってくれると良いなと思いました。

  560代はいわゆる「歌声喫茶世代」ではありませんから、とにかく一度参加して頂くことで、歌を歌うことの楽しさを味わって欲しいものです。

 飛び入りのお客様も交えて、楽しく歌いこの日も無事終了。
ラストソングには定番の「また逢う日まで 」を賑やかに歌いました。

 さて、927日に、名東文化小劇場で第1回「 歌声 JAZZ 」が開催され、私もお客として参加して来ました。 

 この日のために作られた「 ラウム歌集 100  歌声ジャズ &  ポップス 」は、これまでの歌集とは装丁も中身もひと味違ったお洒落なものになっています。

 一番の特徴は、100曲にも及ぶ英語の歌が入っていることです。
 今までの歌集にも外国語の歌は何曲かありますが、英語の歌詞がこんなに載っている歌声歌集を手にして驚きでした。 

 ジャズ歌手のChiaさん率いる、ピアノ、ギター、コントラバスのトリオでの「 歌声ジャズ」は、Chiaさんをして 「 おそらく世界初です。」とのこと。
 
 会場は200名を超す参加者でいっぱいですが、いつもの歌声イベントとは何となく雰囲気も違う様にかんじます。

 Chia さんのリードで、簡単なストレッチと発声練習。発声は「犬の遠吠え のように 」とか おもしろいものでした。

 いよいよ本邦初、英語での歌声始まりです。
Fly Me to the Moon 」これは英語の歌詞にカタカナでルビがふってあるので、問題なく歌えます。
 
 Chia さん曰く 「 ジャズを歌うなら、これは是非覚えて下さい。」と、「All of Me 」 「Youd be So Nice to Come Home to 」と続きます。

 この後ルビ無しの英語の歌詞のみの曲が続きますが、 「 全部歌えなくても、I とか You や、タイトルだけでも気持ちを込めれば良いんですよ。  あとは、ラララで歌っても全然構いません。」と優しいリーダーの言葉で気楽になれました。

 洋楽好きとお見受けされる方々が、大きな声で歌っていらっしゃるのも印象的ですが、特筆すべきは何と言っても素敵なジャズの伴奏です。
 間奏では、Chiaリーダーの指示のもと、ギターや、コントラバスのアドリブ演奏が即座に入り、その素晴らしさに酔いしれてしまいます。
 参加者の中には、「 歌え無くても演奏を聴いているだけでも良い 」とおっしゃる方もいらしたようです。

 本当にこんな素晴らしいバンドで歌えるなんて、なんと贅沢なんでしょう‼︎  ( しかもたった1000円で!)

 次回も絶対参加しようと思いながら、もともと洋楽大好きな私は 「 土曜歌声でもいつかこの歌集使いたい 」と云う無謀な野望が (-; )

もちろん未知の曲だらけなので、今後少しずつ勉強していった先のことですが、、、
せっかくできた 「 ラウム歌集100 」を活用したいと思います。

 初の「歌声JAZZ」の レポートも合わせて載せてみましたので、もし興味を持たれたら、次回、110日の第2回には是非ご参加下さい。
ラグジュアリーな時を過ごせること、間違いありません。
 
 次回の土曜歌声は、1013日、16時半からです。   短歌会館での土曜歌声も残すところ後2回になりました。 11月からは、池下のラウム日響に移ります。

 秋の気配も深まって参ります。 季節の変わり目、くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

 では、次回お待ちしております。

                                                                           神田陽子



 
2018年9月11日火曜日
9月8日の土曜歌声~神田陽子


 猛威を振るった台風の直後、北海道を襲った震度7の地震、 、まさに「天災は忘れた頃に」どころか「忘れる間も無く」やって来て自然災害の恐ろしさを見せつけられた、そんな恐怖も覚めやらぬ98日に土曜歌声は開かれました。

 この日は少数精鋭で男性が優勢を占めましたが、期せずしてほぼ同世代の集まりとなりました。

  ファーストソングは、オフ・コース「秋の気配」  個人的に大好きな歌です。 横浜の「港が見える丘公園」を思い起こさせる歌詞で始まります。

 さて、リクエスト開始。   この日は同世代の括りもあってか、圧倒的に335歌集からのリクエストが多かったのですが、もちろん525からも「小さな木の実」「芭蕉布」「花(すべての人の心に花を)」「見上げてごらん夜の星を」等、定番の人気曲が出されました。

 335からの曲をざっと挙げると、「アメリカンフィーリング」「季節の中で」「結婚するって本当ですか」「恋」「ささやかなこの人生」「さらば青春」「秋止符」「道化師のソネット」「冬が来る前に」「まちぶせ」「ワインレッドの心」「あなたの心に」「思秋期」「時の流れに身を任せ」「ルビーの指輪」「別れの予感」etc...

  3冊の歌集をあわせると1000曲余の曲数から選ばれるわけですから、皆さん迷われることもありますが、とある男性客の335歌集をチラッと見るとおびただしい付箋の数!      休憩時にお話ししていたら「歌いたい曲だらけ」とのこと。   1日にリクエストできるのはせいぜい23曲ですから、度々来て頂きたいとお伝えしました。

  もちろん他の方からのリクエストも一緒に歌えるので、お好きな歌が出されると歓声が上がることもしばしば。  私も毎回どんな曲が出されるのかワクワクしながら進行しています。
(ドキドキしていることも否めませんが、、、笑 )

   後半の紹介曲は、さだまさしさんの「主人公」  グレープ解散後、ソロになった頃の歌ですからまだ二十代で作った曲ですが、その歌詞の秀逸さは他の追随を許さないくらい素晴らしいと、私自身は思っています。   「小さな物語でも  自分の人生の中では  誰もがみな  主人公」と云う当然と言えば当然の歌詞は、一人ひとりの人生は全て価値のあるもので、誰かと比べるものでは無い、と云うことを改めて痛感させてくれますね。

  さだまさしさんの曲はこの日もう1曲「道化師のソネット」がリクエストされていました。  この人の曲は旋律の素晴らしさはもとより、その歌詞があまりに叙情的で「こんなに美しい言葉が日本語にはあるんだ」と思わせてくれるものばかりです。 
また 対照的に、話し言葉を字余り的に歌にしたコミカルな曲も多いのですが、、

 ラストソングには、先回もリクエストされその直後に訃報を聞いた、さくらももこさん作詞の「おどるポンポコリン」を選びました。    言わずと知れた国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングソングです。      「弾きながら涙が出て来た」と、このアニメと共に育って来た、まさにまるちゃんは友達のひとりであるピアニストの想いが悲しいです。

 皆様にお知らせがあります。
 土曜歌声夜の部は、1110日より池下のラウム日響   (日響楽器  池下店  2F ) にお引越しします。

 2、第4 土曜日の、17時から19時までの固定時間となりますが、歌集3冊使用も、参加費も、担当も変わらず、場所のみ変更になります。   地下鉄池下駅直近ですから、利便性は良いと思います。  どうかご了承頂きたくよろしくお願い致します。

 尚、10月までに短歌会館にいらして下さったお客様には、1110日池下初日限定の500円割引券を進呈致します。
  
 次回は、922日、16時半始まりです。  朝夕は涼しくなって過ごし易い反面、体調も崩しがちの時節です。
 どうかご自愛の上、また歌声を響かせにいらして下さい。


                                                                                神田陽子=



 
2018年8月30日木曜日
ラウム通信 9月 VOL.64




 
2018年8月28日火曜日
8月25日の土曜歌声 ~神田陽子


 825日の土曜歌声は、私たち母娘にとっておよそ1ケ月ぶりとなりました。

 比類無き猛暑のこの夏、甲子園の高校野球は100回の記念大会を迎えました。
 私は無類の高校野球好きなので、毎年夏の一番の楽しみになっていますが、今年は県立の秋田代表金足農業高校の快進撃もあり、例年以上の盛り上がりでしたね。
 ふだん甲子園に興味の無い「にわか」ファンも増えていましたが、、、()

 前置きが長くなりましたが、終わってしまった甲子園野球を思い出しながらファーストソングには、195歌集から「栄冠は君に輝く」を選び元気に歌い始めました。

 本日のお客様は、珍しく男女ほぼ半々でした。
出されるリクエストも、335歌集の比率が高いとは言え、525歌集からはたくさんの唱歌、童謡が出ました。

 ゆく夏を惜しむかのような夏の歌が主流でしたが、「里の秋」も出され、秋を待ち望む気持ちを感じさせてもらいました。

 梓みちよさんの「こんにちは赤ちゃん」をリクエストされた男性、なんと初孫ご誕生とのこと!  皆さん、お祝い心いっぱいの優しさあふれる歌声でした。

 久しぶりにいらした女性のお客様。  上品で素敵な方です。  しかしそのリクエストは私の予想をはるかに超えた、アリス「チャンピオン」!!!  「アジア大会で毎日チャンピオンが出ているから」とは、なるほどの理由でした。

 後半の紹介曲は、ユーミンの「海を見ていた午後」を選びました。 ハイ・ファイ・セットが歌って人気が出たのですが、美しいメロディと、目の前に情景が浮かんでくるような詩が素晴らしいと、私たち母娘のお気に入りの1曲でもあります。

 この季節にはよく出される、サーカス「Mr. サマータイム」。 外国の曲ですが、竜 真知子さんの日本語歌詞が切ない曲調にぴったりで、とても洒落た曲です。

  ヒデとロザンナ「愛は傷つきやすく」を、男女に分かれて歌いましたが、ほぼ成功でした。
  デュエット曲はこんな形で歌うのも一興ですね。

 「アニメ曲です。」と女性のお客様が出されたのは、B.B. クイーンズ「おどるポンポコリン」でした。   言わずと知れた「ちびまる子ちゃん」の初期エンディングテーマソングで、ミリオンセラー、日本レコード大賞受賞と輝かしい曲です。
 楽しく愉快に唄っていたのに、まさかその数日後に、この歌の作詞もされた「ちびまる子ちゃん」作者、さくらももこさんの訃報を聞こうとは!  信じられない気持ちです。

 娘が物心つく1990年からアニメ放送が始まり、日曜日の夕方のお楽しみでした。 まるちゃんと共に育ってきたと言っても良いくらい、身近な存在でした。
 漫画の単行本も全部持っており、昭和の風物詩が存分に感じられる、ほのぼのとした世界観が私も大好きです。

 この日のラストソングには、これも訃報を知ったばかりの、菅井 きんさんが「婿どの」の名セリフで一躍人気者になった「必殺シリーズ」から、西崎 みどりさん「旅愁」を歌いました。 
  何だか近頃、訃報を悼むことが多いような、、、  ()

 次回は、98日、16時半からです。
 少しは秋の気配を感じられると良いのですが、、

 残暑厳しき折、どうかご自愛下さり、また元気に歌いにいらして下さい。

                                                                            神田陽子=



 
2018年8月1日水曜日
7月28日の土曜歌声~ 神田陽子


 728日の土曜歌声は、折しも迷走台風が東海地方直撃、と言われている夕方から始まりました。

  そんな危険な日なのに、6名のお客様がいらして下さり、スタッフの玲子さんも加わっての少数精鋭の歌声になりました。

吉田拓郎「夏休み」をファーストソングに選び、元気にスタート!

 男性4名はほぼ同世代で、60歳半ばとお見受けしましたが、果たして出されるリクエストもそれを証明しているようでした。

 335歌集から、三田 明さんの「美しい十代」がリクエストされた時は、ひときわ大きく高らかな男性陣の歌声が響いていました。
  半世紀くらい前の曲ですが、本当に純粋な十代の美しさが歌われています。    今の十代が聴いても、「ノートを君に貸してあげよう」などと云う歌詞はピンとこないでしょうね。

 さしずめ今なら「写メ撮って送るね」くらいの感じでしょうか?

 シモンズ「恋人もいないのに」、荒木一郎「空に星があるように」、チェリッシュ「なのにあなたは京都へゆくの」、風「22才の別れ」、村下孝蔵「初恋」、安全地帯「ワインレッドの心」、沢田研二「勝手にしやがれ」、河島英五「酒と泪と男と女」、、、

 335歌集からのリクエストが大勢を占めましたが、このところ頻繁に出されるのが、BEGIN「島人ぬ宝」
 沖縄言葉を織り交ぜた、自然を愛し守っていくと云うメッセージソングですが、元は「歌の島、芸能の島」と呼ばれる沖縄八重山地方の民謡で、「男女が互いに相手のもとを訪れる」〝 相聞歌 だそうです。

 後半の紹介曲は、初出の 大瀧詠一「君は天然色」を選びました。
「サビは何となく知ってるけど、、」と云う感触でしたが、都会的で洗練された独特の大瀧サウンドを好きになって頂けたら、と思います。

 因みに、335で人気のある小林旭さんの「熱き心に」は大瀧さんの作曲です。

 525歌集からは、唱歌 「夏の思い出」「椰子の実」がリクエストされ、たぶん昔の音楽の時間に歌ったより、ずっと一生懸命歌われている皆さんの姿が印象的でした。

 「ふだんあまり歌う機会のない、童謡、唱歌が歌えるのが嬉しい」とよく言って頂けますが、昔をしみじみと思い出しながら歌えるのは幸せなことだと思います。

 ラストソングは、山口百恵さんの 「いい日旅立ち」    翌日から新婚旅行に行くピアニストのために、と出されました。

 季節も場所も状況も違いますが、「旅の無事」を祈っての優しい想いがこもっている、そんな皆さんの歌声でした。

 次回は、811日、国枝玲子さんによる13時半からと、16時半からのダブルヘッダーです。

 お盆の直前で忙しい頃とは思いますが、酷暑でお疲れの心身を癒しに、是非歌いに来て下さい。

 次次回は、825日、1715分から神田母娘でお送り致します。

        潤いを  求めて集う  仲間たち  今日もラウムで   親しく歌う

                                                                                          神田陽子
                    




 
2018年7月29日日曜日
10/17日にデビュー‼ ”鎌田まみ”(ピアニスト)



「ラウム日響」にて6年伴奏を担当している
ベテランピアニストの鎌田まみさんが
10月より「短歌会館」でデビューいたします!
どうぞお楽しみにお出かけください♪(^曲^)





 
Template Design: © 2007 Envy Inc.