2018年8月1日水曜日
7月28日の土曜歌声~ 神田陽子


 728日の土曜歌声は、折しも迷走台風が東海地方直撃、と言われている夕方から始まりました。

  そんな危険な日なのに、6名のお客様がいらして下さり、スタッフの玲子さんも加わっての少数精鋭の歌声になりました。

吉田拓郎「夏休み」をファーストソングに選び、元気にスタート!

 男性4名はほぼ同世代で、60歳半ばとお見受けしましたが、果たして出されるリクエストもそれを証明しているようでした。

 335歌集から、三田 明さんの「美しい十代」がリクエストされた時は、ひときわ大きく高らかな男性陣の歌声が響いていました。
  半世紀くらい前の曲ですが、本当に純粋な十代の美しさが歌われています。    今の十代が聴いても、「ノートを君に貸してあげよう」などと云う歌詞はピンとこないでしょうね。

 さしずめ今なら「写メ撮って送るね」くらいの感じでしょうか?

 シモンズ「恋人もいないのに」、荒木一郎「空に星があるように」、チェリッシュ「なのにあなたは京都へゆくの」、風「22才の別れ」、村下孝蔵「初恋」、安全地帯「ワインレッドの心」、沢田研二「勝手にしやがれ」、河島英五「酒と泪と男と女」、、、

 335歌集からのリクエストが大勢を占めましたが、このところ頻繁に出されるのが、BEGIN「島人ぬ宝」
 沖縄言葉を織り交ぜた、自然を愛し守っていくと云うメッセージソングですが、元は「歌の島、芸能の島」と呼ばれる沖縄八重山地方の民謡で、「男女が互いに相手のもとを訪れる」〝 相聞歌 だそうです。

 後半の紹介曲は、初出の 大瀧詠一「君は天然色」を選びました。
「サビは何となく知ってるけど、、」と云う感触でしたが、都会的で洗練された独特の大瀧サウンドを好きになって頂けたら、と思います。

 因みに、335で人気のある小林旭さんの「熱き心に」は大瀧さんの作曲です。

 525歌集からは、唱歌 「夏の思い出」「椰子の実」がリクエストされ、たぶん昔の音楽の時間に歌ったより、ずっと一生懸命歌われている皆さんの姿が印象的でした。

 「ふだんあまり歌う機会のない、童謡、唱歌が歌えるのが嬉しい」とよく言って頂けますが、昔をしみじみと思い出しながら歌えるのは幸せなことだと思います。

 ラストソングは、山口百恵さんの 「いい日旅立ち」    翌日から新婚旅行に行くピアニストのために、と出されました。

 季節も場所も状況も違いますが、「旅の無事」を祈っての優しい想いがこもっている、そんな皆さんの歌声でした。

 次回は、811日、国枝玲子さんによる13時半からと、16時半からのダブルヘッダーです。

 お盆の直前で忙しい頃とは思いますが、酷暑でお疲れの心身を癒しに、是非歌いに来て下さい。

 次次回は、825日、1715分から神田母娘でお送り致します。

        潤いを  求めて集う  仲間たち  今日もラウムで   親しく歌う

                                                                                          神田陽子
                    




 
2018年7月29日日曜日
10/17日にデビュー‼ ”鎌田まみ”(ピアニスト)



「ラウム日響」にて6年伴奏を担当している
ベテランピアニストの鎌田まみさんが
10月より「短歌会館」でデビューいたします!
どうぞお楽しみにお出かけください♪(^曲^)





 
2018年7月19日木曜日
 7月14日の土曜歌声 ~神田陽子~


  714日の土曜歌声は猛暑にもかかわらず、たくさんのお客様に来て頂きました。

私の中学の同級生も4人(内1人はお初 ) 来てくれて、女性が多くなりいつにも増して華やいだ雰囲気になりました。

 夏らしく、伊藤咲子さんの「 ひまわり娘 」をファーストソングに歌い始めましたが、この日のリクエストはほぼ335歌集から出されました。
  まさにその時代どんぴしゃの人々が大勢を占めていたのも、この日の特徴でした。   なので、335の曲が大人気だったわけですね。

 ざっと挙げますと、「糸」「異邦人」「M」「海岸通」「風と落葉と旅人」「さくら」「さよならをするために」「39日」「島人ぬ宝」「地上の星」「夏休み」「涙をこえて」「ハナミズキ」「PRIDE」「負けないで」「まちぶせ」「真夏の出来事」「未来へ」「桃色吐息」「やさしさに包まれたなら」「東京ららばい」(これは不出来で申し訳無かったです) 「微笑みがえし」「私はピアノ」「翼」、、、これらは皆335歌集に入っている曲目です。

 後半は525歌集から、井上陽水さんの「少年時代」を選びました。  この曲はもはや日本のスタンダードになっており、音楽の教科書にも載っているので、世代を超えて歌い継がれていくことでしょう。

 525からは、懐かしい「白い色は恋人の色」がリクエストされましたが、この曲は、作詞 北山修、作曲 加藤和彦のコンビが作っているのですね。 さわやかな曲調は、当時のフォークソングのイメージです。ベッツイ& クリスの美しいハーモニーも思い起こされます。

 岡本真夜さんの「トゥモロー」も出されましたが、「涙の数だけ強くなれるよ、、、」の歌詞は、人生の応援歌として秀逸だと思います。

 延長して何とか2曲ずつリクエスト頂けましたが、335歌集の曲は1曲が比較的長いので、同じ曲数でも歌っている時間は長くなってしまいます。
   それでも皆さん声を嗄らすことも無く、最後まで素晴らしく歌い上げて下さるのには、いつも感服してしまいます。

 さて、次回は728日、1715分からの遅番始まりです。

  連日「命の危険」を覚える暑さが続いています。  
 熱中症は、気づかない内にかかっている場合もあるそうです。  簡単な自己診断法として、手の甲の皮をつまんで、直ぐに戻ればOKで、なかなか戻らない場合は脱水症状が出ているそうです。
 
  この凄まじい暑さを乗り切るために、身体にはしっかり栄養を摂り、また歌を唄うことで心にも潤いを与えてやりましょう。

   次回もお元気なお顔を見せて頂けるよう、心から願っています。

                                                                                                 神田陽子=



 
2018年7月10日火曜日
ささはらなおみ&ノスタルジーナ お披露目歌声喫茶



 
2018年6月26日火曜日
6月23日の土曜歌声 ~亀さんを偲んで~  神田陽子


 623日の土曜歌声は、梅雨らしくまとまった雨が降った後の夕刻に始まりました。

 ちょうど一週間前の16日に、ラウムのゴッドマザーと慕われた「亀さん」こと亀谷登志子さんが88歳で亡くなりました。

 ラウム草創期から今年の1月まで20年に渡って伴奏を務め、ラウムの功労者でもありますが、87歳の現役ピアニストとしてまさにピアノと共に生き抜いて来た生涯でした。

 この日はそんな亀さんを偲んで、お客様方にも亀さんとの思い出や想いを語って頂きながら進めていきました。

  ファーストソングには亀さんの大好きだった、千賀かほるさんの「真夜中のギター」を選びました。

 リクエストと共に各々亀さんとのエピソードを話して頂きましたが、どのお話にも亀さんらしさが溢れていて、改めてラウムにおける彼女の存在の大きさを思いました。

 亀さんに個人的にレッスンを受けていた男性は、お得意のシャンソンから「幸せを売る男」を歌って下さり、また別の男性は「亀さんに捧げます。」と、「千の風になって」を素晴らしい歌声で披露して下さいました。

  女性陣の口を揃えておっしゃることはおしゃれだった亀さんのことで、特にいつもハイヒールを履いて颯爽と歩いていた姿が印象的だったようです。

 可愛らしくてお茶目なところ、お酒が大好きだったところ、ちょっぴり毒舌だったところ、、、 皆さんから語られる亀さんは、まさに「愛すべき人」でした。
 亀さんの不在は寂しい限りですが、この日皆さんが亀さんを想い、語って下さったこと、何よりの供養だとありがたく思いました。

 後半の始めに、私の気持ちを込めて335歌集から小田和正さんの「さよならは言わない」を紹介させて頂きました。
 個人的には、10年前に亡くなった実母と同じ昭和5年生まれの亀さんに、特に親しみを感じていて、いつまでもお元気でいてくれることを望んでいました。
 実家にも来てもらい、実父とピアノとアコーディオンの競演もして頂いたことも忘れられない思い出です。

  娘にとっては祖母と孫ほどの年齢差はあるものの、ピアニストの大大先輩であり、尊敬すべき人でした。
 それでも、うんと歳の離れた親友のようにいつも楽しそうに音楽談義をしていたものです。

 そんな亀さんへの想いを語った後で、亀さんが「大好き」と言ってくれていたバッハの曲を弾きました。

 今回の歌声は亀さん追悼になりましたが、あまり湿っぽくなっては亀さんに叱られそうですから、できるだけ楽しい雰囲気でいつも通りの歌声でと思っていました。
 でも皆さんの歌声がいつにも増して優しいと感じられたのは、亀さんへの想いがいっぱい詰まっていたからでしょう。

 短歌会館で一番たくさんピアノを弾いていた亀さんですから、きっとこの日もここに来て皆さんのお話や歌声を聴いていたと信じています。

 恒例の「また逢う日まで」を元気に歌ってお開きになりました。

次回は、714日、16時半からです。  梅雨も明けて暑くなっているでしょうが、皆さんのお越しをお待ちしております。

                                                                    神田陽子
  



 
2018年6月20日水曜日
”ニューフェイス” にご注目!


7月9日(月曜日)13時半~15時半
尾崎 章 デビュー 1.000円にて開催します。
短歌会館にて皆様のご参加をお待ちしています。



 
2018年6月13日水曜日
6月9日の土曜歌声~神田陽子


  69日の土曜歌声は、梅雨入りしたばかりで心配された雨も降らず、お昼の部に引き続き多数のお客様に来て頂きました。

 今回も男性と女性の比率がちょうど21で、迫力ある歌声になりました。
 土曜歌声は初めてのお客様もいらして、楽しんでおられるご様子、嬉しく思いました。

  雨の季節に因んで、ファーストソングには「 やさしい雨の  祇園町、、、」で始まる 、かぐや姫の「 加茂の流れに 」を選んでみました。   儚い恋が京都の四季に彩られている情緒あふれる一曲です。

 今回のリクエストは、圧倒的に335歌集から出されたように思われます。

 トワ・エ・モアの「ある日突然」も久しぶりのリクエストでしたが、「友達から恋人へ変わる瞬間」を歌った曲です。     私的には、「そんなことあるのかしら?」と云う思いですが、、、皆さんはそんなご経験あるのでしょうか?

 ダ・カーポ の「 結婚するって本当ですか 」   別れて半年で元彼からの結婚報告、と云うのもなんだか酷な気がしますが、この歌のさわやかなメロディーはそんなことを感じさせない一曲ですね。

  荒木一郎さんの 「 空に星があるように 」も 季節の移ろいに乗せて、無くした夢を歌っていますが、微妙に変わるメロディーが素敵なアクセントになっています。  それだけに歌うのは難しいのですが、、

 本田路津子さんの 「 耳をすましてごらん 」は、335歌集の中でも人気曲ですが、いつ歌ってもとても良い気分にさせてくれる一曲です。

  季節柄もあって、「雨 」つながりの曲がたくさん出されました。
「雨」と云う言葉は歌詞の中によく出てきますが、詩(うた)になりやすいのでしょうか?
 
  朝丘雪路さん「 雨がやんだら 」、湯原昌幸さん「 雨のバラード 」、欧陽菲菲さん 「 雨の御堂筋 」等。
 森田健作さんの 「 さらば涙と言おう 」もリクエストされましたが、この歌も歌詞の中に「 雨の降る日 」「 小雨 」が出てきます。

 もとまろの「 サルビアの花 」は、女性陣が前で歌ってくれましたが、とても美しい曲で余韻を残した終わり方が洒落ています。  これも難しい歌ですが、、

 辛いことを吹き飛ばす、人生の応援歌の様な曲もいくつか出ました。  
 525歌集から 「 歌えバンバン 」、335歌集から「 アンパンマンマーチ 」    どちらも明るく元気に前向きに生きて行く歌ですね。  生きる力をもらえます。

  毎回30曲近い歌を唄うのですが、皆さん本当に楽しそうに歌われているので、一緒に歌わせて頂ける幸せをいつもありがたく思っています。

  元気だから歌えるのか、歌っているから元気でいられるのか、、 きっとどちらも正しいのでしょうね。    いつまでも皆さんと一緒に歌っていけることを願っています。
 
  次回は623日、1715分からです。  ちょうど夏至の頃で、終了時でもまだほんのり明るいと思いますので、皆さんのご参加をお待ちしています。

                                                                                                  神田陽子
 

 =



 
Template Design: © 2007 Envy Inc.