2017年9月25日月曜日
土曜歌声の報告 ~ 神田陽子

 923日の秋分の日は、少し汗ばむくらいの陽気でしたが、好天に恵まれました。

 この日は、8月に続き2回目のダブルヘッダー土曜歌声で、13時半からの第一部、16時半からの第二部の開催となりました。

 更にこの日は、来る1123日、宗次ホールで開かれる初の「歌声クラシック」に関連して、中日新聞の記者さんによる取材も入り、なかなか気合いの入った始まりとなりました。

 秋の歌からと思い、紹介曲は525から山口百恵「秋桜」 言わずと知れた、さだまさし作詞作曲の名曲です。

 嫁ぐ娘と母の心情に、かつては娘であり、今は母である私も
 以前より深く感じるものがあります。

 後半の紹介曲は、オフコース「秋の気配」 

 別れた恋人はミュージシャンなのでしょう。 自分のために作られたであろう「あの歌だけは 他の誰にも 歌わないで 」と云うフレーズが切ない曲です。

 この曲はオフコースの初期の歌ですが、先日テレビで小田和正ベスト5を発表していたので、ピアノでさわりを弾いてもらいました。

 1位は、テレビドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブストーリーは突然に」でしたが、納得の1位ですね。

 新聞取材も、写真撮影、お客様やスタッフへのインタビューと、滞りなく進み、ご協力に感謝され、最後に記者さんも素敵な歌声を披露して下さいました。
 ダブルヘッダー前後半で、のべ30名余のお客様と、50曲以上の歌を唄いました。

 常連のおじ様方が、さながらダークダックスか、デュークエイセスばりに、度々前で歌って下さり、大いに助けて頂き感謝感謝です。

 最後に、尾崎紀世彦「また逢う日まで」をオールスタンディングで歌いこの日はお開きに。

 今回は、歌声初参加の方も何人かいらして、さて感想はいかに? と気になるところですが、ただひたすらに歌を唄う場である歌声サロンが、もっと広く浸透してくれればと、切に願っています。

 そのためにも、先日のテレビ放映や、今回の新聞取材等、メディアに取り上げて頂けることは本当にありがたいと思っています。

 今回の新聞取材は、929日の中日新聞朝刊、生活欄に掲載される予定です。

 どんな記事になって載せて頂けるのでしょうか?  とても楽しみですね。
 皆さんと共に心待ちにしたいと思います。

 次回の土曜歌声は、1014日、16時半からです。

 3週間後になるので、秋も深まって来る頃でしょう。

 願わくば、秋晴れの爽やかな日となって欲しいものです。

 皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 宗次ホールでの「歌声クラシック」にも、奮ってご参加頂けますよう、よろしくお願い致します。

                 神田陽子




 
2017年9月20日水曜日
ラウム通信 特集号【ありがとう20年!】特別企画のお知らせ

歌声ラウムはお陰様で今年の11月で創立20周年を迎えます。
支えてくださった全ての方々へ心より感謝いたします。

その特別企画として、
11月23日(木・祝)に『初めての歌声クラシック』と題しクラシック曲をメインに構成した歌声を開催するはこびとなりました。

会場は、名古屋のクラシック専門ホール「宗次(むねつぐ)ホール」です。響きのよいホールで気持ち晴れやかに、一緒に楽しく歌いませんか。大勢で歌いますのでおひとりさまでもお気軽にどうぞ!
皆様のご参加をお待ち申し上げております。




【開催日】11月23日(木・祝)
【時間】開場13:30 14:00〜15:30
【会場】宗次ホール
【参加費】1500円(歌集代 500円別途)
【歌集】新歌集ラウム歌集 70 〜歌声クラシック〜


※お申込はラウムでも受け付けております。
●お電話:090-7672-8527
●ファックス:052-218-5538
●Eメール:ikebe-raum@asahinet.jp

どうぞお気軽にお問い合わせください。






 
2017年9月19日火曜日




 
2017年9月11日月曜日
9月9日・第2土曜の歌声 ~ 神田陽子

 9月最初の土曜歌声は、朝夕ちょっぴり秋の気配が漂い始めた9日に開催されました。

 紹介曲は「空も飛べるはず」
 元々はスピッツの名曲で、テレビドラマ「白線流し」の主題歌として使われていました。

 近頃テレビから時々女の子の声でこの歌が聴こえるなぁ、と思っていたら、土屋太鳳さん主演の「トリガール」と云う映画のテーマソングになっていました。
 歌っているのはガールズバンド「ねごと」です。

 今回も3冊の歌集からリクエストを頂いてゆきました。

 やはり主流は335からですが、525195からも懐かしい歌、珍しい歌が出されて様々な歌を楽しめました。

 特筆すべきは「インシャラー」

 「神の御心のままに」と云う意味で、イスラム教の絶対神、アラーを讃える言葉だそうです。

 リクエスト者自ら素晴らしい歌声で唄って下さり、私を初めほとんどの方々が聞き惚れてしまいました。

 「雪は降る」で有名なアダモが歌っていますが、情熱的な曲ですね。

 紹介曲2つ目は、これも缶コーヒーBOSSCMで流れている「時間よ止まれ」

 矢沢永吉さんが、アコースティックバージョンでしっとり歌っていますが、実際に歌うとかなり難しいので、皆さん自由に言葉を乗せて歌われれば良いと思います。

 1123日には、初の「歌声クラシック」が宗次ホールで開催されることになり、チケットの先行販売も始まりました。

 「歌声に新しい風~よく響く音楽ホールでクラシック曲の歌声を楽しみましょう」と云うコンセプトの下開催されます。

 珠玉の70曲が厳選され、上品な装丁に仕上がった歌集も気分をより盛り上げて、当日が楽しみに待たれます。

 皆さんのご参加を心よりお願い申し上げます。

 次回の土曜歌声は、先月に続きまたもダブルヘッダーです。

 923日、13時半~15時半の第1部、16時半~18時半の第2部で、両方ご参加の方は500円割引となります。

 季節の変わり目で、体調も崩し易い頃ですが、歌を唄って心も身体も健康維持できれば何よりだと思っています。

 ぜひ歌いにいらして下さいませ。

               神田陽子

  



 
2017年9月4日月曜日
みんなで歌おう歌のわ~ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋


開催日:10月15日(日)
時 間:受付/11:45~ 食事/12:00~ 歌/12:45~
ご予約・お問合せ
宴会イベント係 Tel 052-683-4445



 
歌声喫茶~ホテルプラザ勝川

開催日:10月1日(日)
時 間:受付/11:30~ 食事/12:00~ 歌/12:45~
ご予約・お問合せ
営業部宴会予約 Tel 0568-36-2331



 
2017年8月28日月曜日
8月26日の土曜歌声 ~神田陽子

 826日の土曜歌声は、折しも日本テレビ系列の「24時間テレビ」と「名古屋どまんなか祭」開催と重なりました。

 また、伏見のレトロな地下街でも、瀬戸物市や和太鼓演奏で賑わっており、過ぎ行く夏を惜しむかのような華やかさでした。

 そんな中、歌声も負けじと始まりましたが、オープニングの紹介曲には、風の「あの唄はもう唄わないのですか」を選びました。

 22歳の別れ」「なごり雪」等のヒットで知られる伊勢正三の曲ですが、かつての恋人のリサイタルをそっと聴きに行き、
自分のために作ってくれたと、信じている唄を、「もう唄わないのですか?」と問いかける、なんとも切ない曲です。

 このミュージシャンであろう恋人は、伊勢正三自身のことなのでしょうか?

 オフコースの「秋の気配」にも「あの歌だけは、、」と歌っている箇所があるのですが、これはその後「他の誰にも唄わないで」と続くので、元恋人たちの気持ちもそれぞれ違うようです()

 今回も3冊の歌集からまんべんなくリクエストされましたが、中でも525からの「鞠と殿様」は異色でした。

 よく知られているメロディなので、皆さんしっかり歌っていましたが、フルバージョンで歌ってみるとなかなか奇想天外な歌詞です。

 作詞は西条八十で、童話「コドモノクニ」の正月号に書いた物らしく、「手鞠」「みかん」「紀州」「殿様」「参勤交代」と連想させている様です。

 めったに歌わない様な童謡も歌える、これも歌声の愉快なところですね。

 24時間テレビ」に因んで「サライ」も熱唱し、紹介曲、吉田拓郎「夏休み」でラスト。

 本日もたくさん歌いましたが、ここでちょっとしたハプニングが。

 今日初めて友人と来て下さった方が、常連の男性客とお話が弾んでいるご様子。

 なんと、この方の学生時代のお友達が、この常連の方の妹さんで、旧知の間柄であったそうな!

 実に30年ぶりの再会だそうで、まさかのサプライズにご当人たちだけでなく、私たちもびっくりでした。

 「来て良かった。」とおっしゃって頂き、本当に嬉しく思いました。

 次回は99日、16時半からの開催です。

 思いがけない「奇遇」が待っているかも知れません。

 是非とも歌いに来て頂けるよう、切に願っています。


                   神田陽子



 
Template Design: © 2007 Envy Inc.