2024年6月21日金曜日
土曜夜の歌声サロンラウム~ 6月8日のご報告~ 神田陽子

  この日も常連の皆様中心に多くのお客様に来て頂き、ひと時を歌の世界に遊びました。


 『これ』がひと際美味しい季節と云うことで、ファーストソングには「アイスクリームの歌」を選びました🍨  『王子様でも王女様でもとても食べられないアイスクリームを、庶民の私たちが召し上がる』 そんな発想が愉快な童謡です。 

 リクエスト1曲目は「みんなのうた」 スローテンポのゆったりとした曲調のこの曲は、作者の原田義雄氏が、1977年に愛知県で開かれた『日本のうたごえ祭典』に参加して生まれた歌です。 何千人もの人々が総立ちになって肩を組み歌い交わした感動から、『いつかまた会おう〜』のサビが生まれたそうです。

 「初夏の雨」 この季節にぴったりの中田喜直の名曲です。 余韻を残した旋律を通して、切ない想いが伝わってくる気がします。

 「ドリゴのセレナーデ」  イタリア人作曲家 リッカルド・ドリゴの曲で、美しいメロディで有名ですが、元はバレエ曲「百万長者の道化師」の中の1曲でした。 
 ドリゴはロシアで40年以上を過ごし、国立バレエ団の指揮者・作曲家の地位に就きましたが、晩年は故郷イタリアのパドヴァへ戻り、地元の劇場のためのバレエ作品をいくつか作曲しています。

 「生きがい」 1970年発売の由紀さおりのシングル。 別れた男女の物語が女性の中ではまだ続いている……途中に入るセリフ部分からもそれが窺える曲です。

 「地上の星」 先ごろ復活したNHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の主題歌で、作詞 作曲の中島みゆきが力強く歌っています。
 『地上の星』とは、地球の上で頑張って生きている、名もなき人々を象徴している様で、『プロジェクトX』のプロデューサーが、直々に中島みゆきに依頼して実現した曲です。

 「手のひらのうた」 うたごえ運動でよく歌われてきた様ですが、坂本九ちゃんもポップなアレンジで歌っています。 525歌集の埋もれた名曲を発掘して下さるリクエスト者のリードで歌いました。 覚えやすいメロディで、明るい曲調の歌です。

 「昴」 先年亡くなった谷村新司さんの名曲です。 お久しぶりの男性のお客様からのリクエストでしたが、ご本人の朗々たるお声が響いていました。

 「おさななじみ」 作詞 永六輔、作曲 中村八大の名作で、幼馴染みの男女が結婚して家庭を持つまでのストーリーが、10番までの歌詞で綴られています。
 私にも何人か幼馴染みがいますが、どれだけ歳をとっておじいちゃん、おばあちゃんになろうが、『○○ちゃん』と呼び合えるのも幼馴染みの特権では無いでしょうか?

 「茶摘」 初夏に見られる茶摘みの光景を歌っています。 1912年(明治45年)に刊行された『尋常小学唱歌第三学年用』が初出で、2007年に『日本の歌百選』に選定されています。
 女の子なら誰しもこの歌で『せっせっせーのよいよいよい』と手遊びをしたと思いますが、この手遊びでの繰り返し動作は、茶葉を摘む手つきを真似たものとも言われているようです。

 「いい日旅立ち」 一年を通して人気のある曲です。 谷村新司 作詞 作曲で、山口百恵 歌唱でヒットしましたが、先日テレビ番組で『旅に出たくなる曲』の1位に選ばれていました。
 歌詞の『日本のどこかに 私を待ってる人がいる』が、旅先での出会いを予感させ、旅に出たくなりますね。

 「夏の日の思い出」 1965年に、ハワイアン歌手 日野てる子が発表したシングルで、ミリオンセラーを記録する大ヒット曲となっています。
 冬の浜辺で夏の日の恋を思い出す女性の心情を描いている佳曲ですが、美しいメロディと切ない歌詞が大人のムードを醸し出しています。

 「水色のワルツ」 高木東六氏の作曲で、二葉あき子が歌った歌謡曲ですが、クラシカルな雰囲気の漂う格調高い曲です。 
 元々東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)ピアノ科出身で、パリ音楽院で作曲も学んだ高木氏は、山田耕筰氏の勧めで作曲家に転向したそうですが、この曲によるピアノ用の変奏曲を作曲しています。

 ここで前半終了。
休憩中にお客様からの差し入れのチョコレートを頂きました。
( ◠‿◠ )

 先日、NHKの『あさイチ』で、『自分応援ソング』の特集をしていました。 ご覧になった方もいらっしゃるのでは?
 たくさんのファックスが来ていましたが、「上を向いて歩こう」「365歩のマーチ」のような定番曲から、「それが大事」「何度でも」「どんなときも。」「瑠璃色の地球」「Best Friend」等、ラウム歌集に入っている曲も多く見られました。
 私がへこたれそうな時に力を貰える曲は、松山千春の「君を忘れない」です。テレビドラマ『みにくいアヒルの子』の主題歌で、先生から生徒へ送る言葉として書かれたものでしたが、心に刺さるフレーズがいくつかあります。
 『どうして生きているの?』『答えを急ぐことはない』『何度だって立ち上がろう』『恐れるものなどないさ』『自分自身愛するように』『生きたい 人を愛したい 命ある限り』
 シンプルな言葉ばかりですが、生きていく上で大切な事ばかりでは無いでしょうか?
335歌集に入っているこの曲を後半の紹介曲として歌いました。

 リクエストは「Time goes by」 1998年リリースの、Every Little Thing 8枚目のシングルで、ミリオンセラーを達成した最大のヒット曲です。 
 冒頭の『wow wow wow…』をいかに感情を込めて歌えるかが重要と、カラオケで歌う際のポイントとしてボーカルの持田香織さんが語っています。

 「われは海の子」 誰もが知っている夏の唱歌の代表曲ですが、作詞 作曲は不詳と云う不思議な曲です。 1910年(明治43年)に、『尋常小学読本唱歌』で発表されました。 525歌集には5番まで載っていますが本来は7番まであります。 
 難解な言葉が多いために一時期共通歌唱教材から外されましたが、依然人気が高いこともあって、1990年(平成2年)から教科書に復活しました。
 
 「からたちの花」 作詞 北原白秋、作曲 山田耕筰の格調高い歌曲です。 雑誌『赤い鳥』で発表された詩にメロディを付け、ジャンル的には童謡に入っていますが、3拍子と2拍子が目まぐるしく入れ替わり、旋律も微妙に異なっていきますので、歌うには声域的にも技術的にもかなり難度の高い楽曲です。リクエスト者のソプラノでリードして頂きました。

「さらば青春」 小椋佳の初期のフォークソングで、「しおさいの詩」と共に1971年にリリースされました。 『青春』の葛藤に決別するような歌詞ですが、ミディアムテンポで軽快に歌っています。 『たわむれの 口笛を吹く』と云った歌詞に、後のワードセンスの片鱗が窺えます。

 「夢みる想い」 近ごろ度々リクエストされる、緩やかな曲調のバラードです。イタリア語の「ノ・ノ・レタ」としても知られています。

 「私の愛した街」 この曲をお好きなお客様が多くよくリクエストされるので、皆さんしっかり歌われていました。 アイルランドの楽曲で、ゆったりとしたメロディは穏やかな心地にしてくれますが、この歌の背景には1972年に北アイルランドのロンドンデリーで起きた『血の日曜日事件』と云う悲惨な歴史があります。 
 1975年第5回ポリティカル・ソング・フェスティバル(ベルリン)に参加した、横井久美子さんが持ち帰って歌詞を付けたそうです。

 「荒城の月」 夭折の作曲家 瀧廉太郎が作り、日本で作曲された初めての西洋音楽の歌曲とされていて、歴史的に重要な曲です。 土井晩翠が七五調で書いている歌詞は、悠久無常の哀愁を詠み表した名作と高く評価されています。

 「ここに幸あり」 豊橋市出身の大津美子さんが、1956年(昭和31年)に同名映画の主題歌として歌いました。 長く結婚式の定番曲としても歌われてきましたが、近頃は他の曲に取って代わられた感がありますね。

 「学生街の喫茶店」 この曲も当サロンでは人気曲の1つです。 学生時代に通った喫茶店で時の流れを感じる…そういう事ってありますね、としみじみ思う訳ですが、私の学生時代はちょうどインベーダーゲームが流行った頃で、どこの喫茶店でもテーブルがそのままゲーム機になっていて、コーヒー1杯でねばっている学生だらけでした(笑)

 「見上げてごらん夜の星を」 この曲も最早日本のスタンダードソングでしょう。『自分応援ソング』にもエントリーできる名曲ですね。 『手をつなごう ぼくと…』の歌詞は、優しさと力強さを感じさせてくれます。

 「木綿のハンカチーフ」 太田裕美の1975年のシングルであらゆる世代に人気があります。 男女の対話形式の歌詞は珍しく、男性女性の言葉を交互に歌うスタイルはユニークでしたが、太田裕美の透明感のある声でヒットしました。 
 作詞 松本隆、作曲 筒美京平のコンビは、その後「赤いハイヒール」「しあわせ未満」等で太田裕美の楽曲を手掛け、歌謡曲とフォークソングの橋渡しを行ったと言われています。

 「帰れソレントへ」 これもいろんな方がリクエストされて、当サロンの人気曲ですが、特に男性でお好きな方が多いですね。 曲の最後で『かえ〜れ〜よ〜!』と、リクエスト者に高らかに歌って頂きました。

 ラストソングには、今日もMr.Mへの応援ソングでシャンソンを選びましたが、曲が「ろくでなし」では嬉しく無いかも?(๑>◡<๑) この曲が届いたら、Come back soon !

次回は6月22日。 遅れている梅雨入りの予報が出ていますが、大雨にはならない様に祈るばかりです。 
 
 皆様のお越しをお待ちしています♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

神田陽子



 
2024年6月7日金曜日
土曜夜の歌声サロンラウム~ 5月25日のご報告~ 神田陽子

  5月最後の土曜歌声も、あらゆるジャンルのリクエストで盛り上がりました。 

 直前に来たMr.Mからのメールが嬉しい内容だったので、彼の復帰を「待ってま〜す!」の想いから、ファーストソングはMr.Mの十八番「オー、シャンゼリゼ」を歌って賑やかに始めました。

 リクエストは、お久しぶりのご婦人のお客様より、「りんごのひとりごと」 りんごを擬人化した珍しい唄ですが、可愛らしい歌詞と、郷愁を誘うメロディがほんわかムードにしてくれます。 (でも、結局りんごはみんなに食べられちゃうんだなぁ、と現実的なことを思うのは無粋ですね💦)

 「泉のほとり」  軽快な曲調のロシア民謡で、日本ではダーク・ダックスが歌っていますが、歌声喫茶でも定番曲の様です。 途中手拍子が入ったりして、愉快な気分で歌える1曲です。

 「元気を出して」  竹内まりや作詞 作曲で、薬師丸ひろ子に提供された楽曲ですが、セルフカバーもしています。  『お疲れなまです』のセリフが流れる生ビールのCMでも使われている人気曲です。
 この曲を度々リクエストして下さった、ラウムのお客様ではたぶん最年長の男性の方がいらっしゃいます。 ラウム草創期からのお客様だそうで、土曜歌声が始まってからはほぼ皆勤賞でしたが、近頃夜の外出は不安とのことで来られなくなってしまいました。  普段は寡黙な紳士ですが、私に下さるメールでは、季節の風物詩やお孫さんのお話など雄弁に語られ、必ず最後には英語のフレーズが入っていて感心しきりです。 ( I think spring is just around the corner. なんて送っていらっしゃるんです(๑>◡<๑)
 リクエストも335歌集からがほとんどで、その方の番になると皆さん直ぐに335を用意されるほどでした。選曲にはお孫さんのアドバイスもあったようです。 音楽が大好きとのことで、ご本人は元より私たちも残念でなりませんが、ブログも読んで下さっているそうなので、これからもずっとラウムとつながっていて欲しいと思っています(*^o^*)

 「悲しき口笛」 同名の映画で、わずか12歳で主演を務めた美空ひばりのヒット曲です。 ひばりの故郷である横浜市を舞台に詩が書かれています。哀愁の漂うメロディをひばりの抜群の歌唱力で魅せています。

 「天使の誘惑」 1968年リリースの黛ジュンの4枚目のシングルで、この年のレコード大賞を受賞しています。 脚線美でも有名な彼女ですが、パンチの効いた魅力的な声で、中学卒業後は各地の米軍キャンプをジャズ歌手として巡っていたそうです。 ショートカットにミニスカートで健康的なシンガーでした。

 「お菓子と娘」 西条八十がパリの光景を書いたと言われるお洒落な歌詞に、シャンソン風味にアレンジされたメロディが素敵な1曲です。 リクエスト者のソプラノでリードして頂きました。

 「花かげ」 作詞の大村主計(おおむらかずえ)は、西条八十に童謡の作詞を学んだそうで、この曲には大好きな姉の花嫁姿を見送った切ない想いが溢れています。 リクエスト者のソフトボイスにぴったりの選曲でした。

 「母なる故郷」 私はお初曲でしたが、リクエスト者とよくご存知のお客様方に歌って頂きました。 とても優しい曲調ですが、クラシカルな歌曲の趣もあってなかなか難しい1曲です。 調べてみましたら、1953年、中央合唱団14期研究生終了演奏会のために作られた曲だそうで、作詞の『入江 晃』は当時合唱団常任団員として活躍していた『家入 治』のペンネームです。 往年の歌声喫茶ファンのお客様からのリクエストですが、近頃525歌集の埋もれた名曲を発掘して頂き、私を初め皆さんが未知の曲に触れる機会を作って下さっています。

 「白い花の咲く頃」 1950年に、NHK第1放送の『ラジオ歌謡』で紹介された曲で、歌唱は岡本敦郎。 この『白い花』が何であるか、歌詞にははっきりと書かれていませんが、別れの季節3月の末を想定して書かれているのであれば、コブシやモクレンが思い浮かびます。

 1年を通じて人気のある「夏の思い出」のお次は「ハバネラ」 ビゼーのオペラ『カルメン』の中で歌われるアリアで、「恋は野の花」の題名としても知られています。 
 尚、『ハバネラ』とは、19世紀後半のヨーロッパ、特にスペインで好まれた歌と踊りのことで、キューバ起源と言われています。名称もキューバの首都『ハバナ』に由来し、ゆったりとした2/4拍子で、のちにタンゴにも取り入れられたリズムが特徴的です。
 リクエスト者のオペラ歌手さながらの歌唱で、情熱的にリードして頂きました。

 ここで前半終了。 今日は私からゼリーの差し入れを(╹◡╹)

 後半は、来たる夏を先取りして「ラ・メール」でリスタート。 フランス語で『海』と云う意味ですが、海への憧れ、海から得られる癒しを歌い上げています。 とても美しいメロディで、途中の転調も曲を印象付けています。 
 作詞 作曲のシャルル・トレネが自ら歌ってヒットさせましたが、フランスではエディット・ピアフの「ラ・ヴィ・アン・ローズ」と並んで、最も売れた曲と言われています。

 リクエストは「東京の花売娘」 戦後間もない昭和21年に発表されて、「リンゴの唄」同様明るい曲調で荒廃した日本を元気付けた1曲です。 「憧れのハワイ航路」で有名な岡晴夫の歌唱です。

 「島唄」 珍しいリクエストでしたが、『THE BOOM』の大ヒット曲として知られています。 
 作詞 作曲の宮沢和史は沖縄出身では無いため、沖縄を舞台にした曲を作ることに最初ためらいもあったようですが、沖縄の歴史も踏まえた上で、『魂』を込めた曲に仕上がっています。 男女の恋唄のように聞こえますが、戦争で奪われたたくさんの命への鎮魂、平和を希求する想いがひしひしと伝わってくる名曲です。

 「想い出がいっぱい」 今や卒業ソングの定番ともなっているこの曲ですが、アニメ『みゆき』の主題歌として起用され、その後音楽の授業や合唱コンクールで選曲されたりして、幅広い世代に支持されている1曲です。
 歌詞の『シンデレラ』がファンタジックな気持ちにさせてくれますが、まだ大人になっていない少女の季節を表している言葉ではないでしょうか?

 「どんなときも。」 槇原敬之の3枚目のシングルで、元は『就職戦線異常なし』と云う映画の主題歌として公募より選ばれた曲でした。
 よく見ないと気付きませんが、タイトル最後に『句点』『。』が付いています。 槇原敬之曰く「それ以上もそれ以下もなく、言い訳がないと云う意味でマルを付けた」そうです。
 歌詞の乗せ方、サビ前の際立ったコード進行… どれも秀逸過ぎて、歌うのは難しい1曲ですが、今や『人生の応援歌』に挙げる人も多いですね。

 「涙のリクエスト」 今回の『攻めてる』リクエストNo.1に輝いたこの曲は、1984年(昭和59年)リリースのチェッカーズ2枚目のシングルで、チェッカーズの名を一躍有名にした大ヒット曲です。
 私ごとですがこの年に長男が誕生したので、チェッカーズのノリの良い曲を聴きながら育児に苦戦していた頃が思い出されます(^◇^;)

 「TOP OF THE WORLD」 カーペンターズの世界的ヒット曲。 多くの歌手にカバーされており、日本でもCMやドラマのテーマソングとしても使用されています。リクエスト者の高音ボイスで歌って頂きました。

 「大阪ラプソディー」 1976年に発売された海原千里・万里のシングルで、40万枚を売り上げたヒット曲です。
 歌詞には大阪の代表的な地名が織り込まれており、毎年年末に放送されるNHK『わが心の大阪メロディー』では番組のトリに披露されることも多い、大阪人のソウルソングになっています。

 「星よおまえは」 これも私を含めお初だったお客様もあるでしょうが、525歌集の発掘曲です。 
 作詞 作曲の荒木 栄氏が、自身が指導していた大牟田『水曜コーラス』の会員が結婚して大牟田を離れる際に、遠く離れていてもいつまでも仲間であると云う優しい気持ちから生まれた曲で、結婚式で披露されたそうです。
 リクエスト者のリードで歌いましたが、とても優しい曲調の綺麗な1曲です。

 「ワインレッドの心」 近頃度々リクエストされる安全地帯のヒット曲です。 タイトルもシャレていますが、メロディラインが独特で玉置浩二の歌唱力が活かされた楽曲です。

 「カタリ・カタリ」 短歌会館の一室がコンサートホールになったかの様な熱唱に、拍手喝采でした。 カンツォーネの魅力を余すところ無く披露している名曲です。

 「美しい十代」 1963年リリースの三田明デビュー曲です。 青春歌謡の代表的な曲で、明るく伸びやかな曲調は、この世代ドンピシャのお客様が多いことから、歌声も一際響きわたりました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 「初恋の人に似ている」  トワ・エ・モワの爽やかなフォークソングですが、作詞は北山修、作曲は加藤和彦のフォークルコンビが担当しています。

 「もしも明日が」  『欽ちゃんのどこまでやるの(通称欽どこ)』の番組内で、パジャマ姿で歌っていた『わらべ』の2枚目のシングルで、ミリオンセラーを達成しています。
 いっ時土曜歌声のお別れ曲として歌っていたので、皆さんよくご存知でした。 現在長期お休み中のハモリ姫がいてくれたら、きっとステキななハーモニーを付けてくれたことでしょう。

 ラストソングもMr.Mへのカムバックエールソング「幸せを売る男」を選び、陽気に楽しく歌ってお開きとしました。

 次回は6月8日です。 もう1年の半ばまで来たことにびっくりですが、今年の夏も猛暑の予報でウンザリです(⌒-⌒; )
 でも、歌声サロンのお仲間は歌って元気を維持できる面々ばかり。

『歌』の力を信じて、一緒に来たる夏に備えましょう٩( ᐛ )و🎶

神田陽子

 



 
Template Design: © 2007 Envy Inc.